朝までやってるセクキャバで働いてますが、違法店ですか?

朝までやっているセクキャバが違法店であるかどうかは、当然法律が関係してきます。
セクキャバにおいては風俗営業の許可が必要になり、原則として24時までの営業時間となります。
しかし、多くのお店が24時に閉店していないのが事実です。

深夜酒類提供飲食店営業とは

深夜営業とは深夜酒類提供飲食店営業と言います。
これは、午前0時から日の出時までの時間を深夜と定めています。
深夜酒類提供飲食店営業はガールズバーやバーなどの酒類をメインに提供している飲食業のことです。
酒類は提供しているものの、メインではない牛丼屋やラーメン屋は該当しないことになります。
セクキャバの中で、キャバクラのような接客を行う飲食業は、風俗営業の許可が必要になります。
この場合は、原則として24時までの営業で、例外的に25時までの営業ができます。

深夜以降の営業もしている

セクキャバは24時で時間通りに営業を終了しているお店もあれば、そうでないお店もあります。
来客がまだいることが多いものの、
25時以降も営業していることもあり、長い時には翌日の昼まで営業していることもあります。
セクキャバも当然経営をしていかないといけません。
その為、24時以降のお客様を全て閉店して帰すことができないのが事実です。
経営的に考えると大きな打撃となるのは間違いないからです。

営業時間を表記しない

閉店時間をそのまま明記してしまうと、当然法律違反となっています。
法律違反となると、営業停止に繋がります。
その為、セクキャバでは営業時間を表記しないのが基本となります。
あくまでラストといった表記をしているのが事実です。
セクキャバの求人を見ている方の中には、求人にラストと表記されているのを見たことがある方もいるはずです。
ラストと表記することによって、閉店時間をぼかしているのが事実です。
働く上で考慮する条件は多岐に渡っています。
その中には勤務時間のこともあるでしょう。
求めている勤務時間で働くことができるかどうかは非常に大きなポイントになります。
これからセクキャバで働こうと考える方は、
しっかり何時から何時までが営業時間であるのかを聞くことを忘れないようにしないといけません。
本来の営業時間での営業をしているお店もあれば、そうでないお店もあります。
求めている時間帯で働くことができるのなら、当然選択する理由にもなるでしょう。
稼ぐことを目的にするのなら、やはり営業時間は長い方が良いと言えるものです。

風俗バイトで稼ぎたい女性へ

おすすめは「スカウト型風俗求人サイト」です!
求人を探すこともできるし、待っていれば店舗からメールがきます!
簡単に高収入バイトが見つかるのは嬉しいですね!

おすすめのスカウト型求人サイトはこちらです!

Qプリ

ミミロケ

無料登録だから安心です!