お客さんの耳元で喘ぎ声を出す子がいます。あれっていいのかな?

キスや胸へのタッチなどがサービス内容としてあるのがセクキャバの最大の特徴と言えるでしょう。
そして、その中でいかにほかの女性と差別化を図るかが、稼げるかどうかの大きな鍵となります。
お客さんの耳元で喘ぎ声を出すのは上級テクニックであって、何も問題ありません。

指名獲得が稼げるかどうかのポイント

セクキャバの給料の仕組みは時給プラス歩合となっているのが基本です。
時給額だけでも3000円以上となる為、十分稼ぐことができます。
さらに、歩合も得ることができるのなら、本当の意味で満足ができるだけの高収入を得ることに繋がります。
その為、セクキャバで働く女性はこの歩合を得る為に指名客を増やす努力をしています。
代表的なテクニックとしては、ディープキスをする前に密着座りをすることです。
いきなりお客様に密着することによって、お客様とドキッとさせるのが目的です。
さらに、脚や腕を密着させるのも大きなポイントになります。
お客様が期待感を抱くことが、指名に繋がります。
セクキャバでは20分程度でどんどん指名ではないお客様の場合は席を変わっていくことになります。
その為、その短時間でアピールできるかどうかが大きなポイントになります。

上級テクニックとは

お客さんの耳元で喘ぎ声を出すというのは上級テクニックになります。
お客様からすれば、仮に演技だとしても、リアクションがあるのは嬉しいと感じるもので、次もその娘を指名したいと思います。
これが何もリアクションがないとなると、そのお客様はつまらないと感じるものです。
そのほかの上級テクニックとしては、首舐めや耳舐めです。
これも非常に大きなポイントで、お客様が楽しめる要因になります。
あくまでもお店のルール内であるのなら、しっかり有効活用して指名に繋げたいものです。

プラスアルファの提供

数多くの女性の中からお客様が指名をするのは一人です。
その一人に選ばれるように意識してお仕事をすべきです。
キスや胸へのタッチがありのセクキャバではそれをすれば良いと思っている方もいるものの、それは最低条件です。
どれだけのプラスアルファを提供できるかどうかが重要であり、その為に色々なテクニックを駆使するのは当然のことです。
時給額はあくまでもお店のサービス内容をこなしたお金であり、歩合の部分はそれ以上のものをお客様に提供できたお金と考えると良いでしょう。
売れっ子となっている方は、例外なく様々なテクニックを駆使し、お客様のハートを鷲掴みしているのが事実です。