セクキャバ嬢なのですが、乳首が痛い時の対処法を教えて下さい

セクキャバで、お客さんがおさわりをしてきた時に、正直止めて欲しいと思うことがあります。
残念ながら、これもサービスの一環ですので諦めましょう。
でも、どうしても痛いときは、正直に言いましょう。

お客さんの気持ちを考えて

乳首痛いと思っても、声に出すべきではありません。
言えば相手に不快な思いをさせますからね。
むしろ、相手を甘えさせてあげる感じが良いです。
相手もどうにもならない状態を抱えているのだから、彼を癒してあげたい、と考えましょう。
しかし痛すぎる場合は「客に何ていう?」か、答えは一つです。
「痛い」で十分です。
大抵の相手が力を緩めてくれますよ。
でもまたすぐに他の場所をお触りするんですけどね。
なお、男性の性欲が昂ぶっている時は、あまり嫌そうな顔をしてはいけません。
その代わり、「よしよし」と頭を撫でてあげましょう。

セクキャバの宿命

セクシーさが売りのセクキャバは、上半身のおさわりをOKとしています。
セクシー路線に傾倒するお店は多くありますし、それぞれのお店が競争をしています。
ですので、「セクキャバはおさわり有り」だと考えましょう。
セクキャバで接客を上手にこなすコツは、あなたの個性とお店の個性をマッチングさせる事です。
多少の違和感やずれはありますが、徐々にそのずれを補っていくことで、あなたとお客さんの呼吸がぴったり合うでしょう。
そうすれば相手に対して興奮出来ますので、テンションを合わせていくだけで十分です。
なお、淑女としての振る舞いを欠かさないようにしましょう。

お酒を勧めよう

セクキャバでお店が儲ける方法は、お客さんにたくさんお酒を飲んでもらうことです。
あなたがストレスに感じる行為は、無理にしなくてもいいです。
セクキャバはお酒ありきの商売ですので、得意不得意がはっきりしています。
あなたの本心に素直になることで、その店のスーパースターになれるでしょう。
セクキャバだからこそ、お酒を飲んで頂くべきでしょう。
もっとも、お店によっては泥酔いの方はお断りなので、ベテランの紳士しか来店されないかもしれません。
あなたの素の表情を見たくて来店されるお客様も多くおられます。
相手だけのあなたでいましょう。
乳首が痛いなら、その事を正直に言いましょう。
他の場所へ客を誘導する事や、相手の気を逸らす方法も有効です。
頭を使って工夫をすれば、相手を翻弄できます。後は状況次第です。
なお、強いお酒を進めるのはNGです。
ほろ酔いくらいで止めてもらうのが一流のマナーです。

風俗バイトで稼ぎたい女性へ

おすすめは「スカウト型風俗求人サイト」です!
求人を探すこともできるし、待っていれば店舗からメールがきます!
簡単に高収入バイトが見つかるのは嬉しいですね!

おすすめのスカウト型求人サイトはこちらです!

Qプリ

ミミロケ

無料登録だから安心です!