風俗嬢によって妊娠線はメリット・デメリットどちらになりますか?

出産後、時期によっては妊娠線が発生します。
この線は自然現象ですので、時間が経てば薄くなります。
しかし、人によってはそのまま残るようです。
風俗をされていて、体に妊娠線が残っていると、デメリットとなるのでしょうか?

妊娠線は、出産後に出ます

出産後、少し時間がたつと、お腹のおへそ回りに薄い線が出てきます。
これが妊娠線です。
体調や皮膚の強度の影響もありますが、大体半年以内には見えにくくなります。
人によっては妊娠線が残りますのが、色濃く残ることは少ないです。
ただし、妊娠中や出産後に薬やサプリメント等を摂取していた場合、体質が変化して妊娠線が見えやすくなる場合もあります。
人によっては、働けない?と思われますが、大した問題ではありません。
むしろ、妊娠や出産を経験したことを証明する、大切な証拠と言えます。
自分を成長させたい方や、これまでの人生を振り返るチャンスを得たい方は、妊娠線がある事をメリットだと考えましょう。
逆境を生かすこともお仕事です。

風俗で働くときのポイント

妊娠線を見られることで、確かに面接の時にネガティブポイントとして判断されてしまいます。
しかし、それを上回る良さがあれば、面接に合格できます。
もちろん、お腹を見せないお仕事で働けば、このリスクを回避できます。
万年風俗で働く事は出来ません。
加えて、いつどこに危機があるか分かりません。
あなたの理想とする風俗ライフが送れない事も想定できるでしょう。
妊娠線を隠しながら働くなら、キャバクラもお勧めです。
こちらなら全身が服で包まれていますので、何も分かりません。

体を大切に

あなたの体は一つしかありません。
加えて、小さなお子さまがおられるなら、子育てを優先すべきです。
母子のスキンシップを大切にしましょう。
どうしてもお金が足りないなら、役所の母子手当を利用する方法もあります。
人の世界には色々な事柄があります。
ストレートに進む道もありますが、風俗の道は曲がりくねっています。
妊娠線はあなたの弱みとなりますので、攻撃される材料である事を、予めご確認下さい。
風俗は若い女性が一番人気です。
世の流れを受け入れた上で、今の自分に何が出来るかをイメージしましょう。
妊娠線はストレッチやクリームである程度緩和できます。
しかし、完全に消すことは出来ません。
現在の状況を冷静な目で観察しましょう。
人妻限定の風俗店なら、店側も事情を察して下さいますので、働けるチャンスは広がるでしょう。
むしろ、そういったお店を集中的に探した方が良いです。
働けないと諦める前に、出来る事を探しましょう。