下半身触りたがるお客さんの良いかわし方ってありませんか?

胸へのタッチやキスはOKであるものの、下半身を触るのはNGであるのがセクキャバのルールです。
でも、お客様の中には執拗に下半身を触ろうとされる方もいるのが事実です。
セクキャバで働く方は、こういったお客様への良い対処法を知りたいと思うはずです。
いくつか良い対処法があるのが事実です。

お店のスタッフに任せるのが基本

セクキャバで下半身を触ろうとするお客様がおり、しかも執拗に迫るようであるのなら、
お店のスタッフを呼び、適切な対応をしてもらうのが基本となります。
一回や二回なら我慢できるものの、しつこいと思う程だと当然我慢できなくなってしまうものです。
一度でも許したら、付け入る隙があると思い、味を占めるというお客様もいるのが事実です。
当然お店のルール違反のことをしている為、
実際に触らせるかどうかは別として、ガードするとともに、お店のスタッフを呼ぶようにしましょう。

セクキャバのシステムを有効活用

セクキャバではお酒を飲みながら胸へのタッチやキスを楽しむお店です。
キャバクラよりも男性としての性的欲求を満たすことができるのが大きなポイントになります。
下半身を触るお客様への対処法についても、このセクキャバのシステムを有効活用するのが良いと言えます。
具体的には、お客様が下半身を触ってきた時には、キスや胸へのタッチをするように誘導しましょう。
これで多くのお客様はそっちに意識が向くようになります。
これでもダメであるのなら、すぐにお店のスタッフを呼ぶと告げると、ほぼ間違いなくおとなしくなります。

同伴やアフターを理由に

セクキャバではキャバクラ同様、同伴やアフターがあります。
これはしっかり指名客を獲得する為の大きなポイントになると言えます。
そしてこの店外でのことを理由にして、下半身へのお触りを抑制することができます。
初めてのお客様の場合は有効ではないものの、常連客の場合は、そんなことをするのなら、
もう同伴もアフターもしないと言うと、大抵の場合はやめるようになります。
そのお客様にとって同伴やアフターが大きなポイントになるかどうかの見極めは必要であるものの、
有効な方法であると言えます。
下半身を触るお客様はお店のルールに沿っていない為、お店のスタッフに任せるのが一番です。
しかし、そうは言ってもお客様で、ご自身の収入にも大きく影響する指名客であることもあるはずです。
その為、一概にすぐにお店のスタッフに任せるのが正しいとは言えず、
セクキャバのシステムを有効活用することや同伴やアフターを理由にするなどして、
気持ちよく遊んでもらうことも考えるべきです。