SM系だと、アナルファック(AF)は出来るようにならないとダメ?

SM系のクラブやSM系デリヘル店、そしてSM系ホテヘル店などでは女の子の肛門を使った「アナルファック(AF)」が一般的なサービスとして行われています。
この為、SM系の風俗店で働きたいと思っている女の子が、「自分もアナルファックが出来なきゃダメなのかな」と心配する事も多いようです。
今回は、そんなSM系のお店での「アナルファック」に関係する悩みや疑問についてお答えします。

SM系風俗店でのAFは義務ではないですが、出来た方が人気が出ます

SM系のクラブやSM系のデリヘル店、SM系のホテヘル店では在籍している女の子、特に「M嬢」と呼ばれる「男性のお客様から攻められる立場の風俗嬢」の女の子は当たり前のように肛門でプレイをする「アナルファック」をオプションOK、としている子が多いです。
これは、SM系の風俗店が『アブノーマル』という、一般的なデリヘル店やホテヘル店などの風俗業種とは異なる性質を持っている為、アブノーマルのプレイとして代表的なアナルファックが人気があるのです。
この為、SM系のクラブやSM系デリヘル店、そしてSM系ホテヘル店などのSM系風俗店にM嬢として勤める場合には、おのずと「アナルファックOK」として働いた方が、SM系風俗店を利用する男性のお客様から人気が出やすく、お客もつきやすくなります。

S嬢であればAFは出来なくても問題なし

アナルファックプレイに関しては、男性のお客様から攻められる立場のM嬢の場合には出来た方が良いのですが、男性のお客様を攻める立場にある「S嬢」としてSM系風俗店に勤務する場合にはアナルアックオプションをOKにする必要性は特にありません。
SM系風俗店におけるS嬢はあくまでも男性のお客様を攻めるプレイをするのがお仕事ですから、陵辱プレイとなるアナルファックプレイをする必然性がなくなる為です。
むしろ、SM系クラブやSM系デリヘル店、SM系ホテヘル店でS嬢として働く場合には、S嬢の女性がペニスをかたどった“ペニスバンド”を装着して、男性のお客様のアナルに挿入をする「逆AF」を行う事の方が多いです。

容姿に自身がない場合には、出来るだけAFをつけるのがオススメ

SM系のクラブやSM系のデリヘル店、SM系のホテヘル店といったSM系風俗店では容姿が微妙、容姿に自身がない、という女の子もM嬢として活躍する事が出来ます。
しかし、SM系風俗店においてM嬢の女の子がアナルファックが出来ない、容姿も微妙、という事になると、あまりお客様はついてくれないかもしれません。
もし、自分自身で容姿の事を気にしているのであれば、M嬢であれば迷わずアナルファックオプションをOKにしておくのが良いでしょう。

SM系AFできないまとめ

アナルファックはオプションOKにする事でお店からのバックもその分だけ増えますので、お金を稼ぐという意味でも出来るだけアナルファックオプションはOKにしておく事をおすすめします。

風俗バイトで稼ぎたい女性へ

おすすめは「スカウト型風俗求人サイト」です!
求人を探すこともできるし、待っていれば店舗からメールがきます!
簡単に高収入バイトが見つかるのは嬉しいですね!

おすすめのスカウト型求人サイトはこちらです!

Qプリ

ミミロケ

無料登録だから安心です!