風俗店の広告だけど、求人ばかりでお客さん向け(営業)がしっかりしてない所は止めた方がいい

高収入バイトをして一攫千金を狙いたい、ガッチリ稼ぎたいと思う女の子がまず目にするのは女性向けの求人広告だと思います。
今のご時勢は、質の高い女の子を集めることにいろんな風俗店がやっきになっているので、そういう女の子を雇おうとお店側もあの手この手を尽くしているのです。
もちろんきちんとしたお店ならば待遇も良いですし、給料もしっかりと高額もらえるわけですからいいのですが、なかなか女の子は風俗店のよしあしなどは判断できませんよね
お客さんとして風俗店を利用することなどないのは当たり前の話なのですが、お客さん目線でお店を判断するということも重要な判断基準ではないでしょうか。

お客さん側からってどうするの?

それでは、お客さん目線でお店を判断するといっても、どのような観点から判断すべきなのでしょうか。
もちろん実際に体験してみるわけにはいきませんから、インターネットなどでの情報収集が基本になってくると思います。
そうすると、まず一番最初に見るべきで、そしてある意味では一番重要な情報源というのはお客さん向けのホームページになるのです。
そこで、自分が検討しているお店がどのようなお店で、お客さんの集客にどれだけ力を入れているのかということがわかるのです。
求人広告をバンバン出して女の子を集めるということも非常に重要なことなんですが、風俗に限らずお店というものはお客さんがいて、そのお客さんが料金を払ってくれない限り成立するものではありません
せっかく悪質なお店などを見抜き、優良店に入ることができた、と思ったとしても、そのお店が営業不振でつぶれてしまったら何の意味もないわけですからね。
そういった意味でも、お客さん向けのアピールをしっかりとやっているお店なのかどうかということを見たほうが良いでしょう。
さらに言えば、お客さん同士の交流の場である掲示板などをチェックすることによって、お店の調査がより万全になると考えられます。
こういうところでは、お店のスタッフの接客、対応、あるいは女の子とのプレイの詳細などが実際に利用したお客さんによって記載されています。
もちろんお気に入りの女の子を隠すためのオキニ隠し、あるいは中傷や、逆にちょうちん記事など全てが正しいとはいえないかもしれませんが、大まかにお店の雰囲気や客層を判断するためには有効な手段だということができるでしょう。

メインは女の子

やはり風俗店という特殊な業界で働くにあたっても、そこで働く人が自分自身のお店の子とを知らなければ話になりません。
ラーメンを食べたことのないラーメン屋などありえないということと同じではないでしょうか。
お店によっては、女の子向けの求人情報にはソフトサービスだと書いてあるのに、お客さん向けのホームページには超過激ハードサービスだと宣伝しているものもあります
こうしたいい加減な書き方をしているところではミスマッチがおこり、結果としてお客さんのためにも女のこのためにもならないことがありますからね。
そういうトラブルを避けることも大切です。