デートコースがある風俗だと、お客さんに店外誘われても楽に断れる

風俗をやっていると、鬱陶しくもあり悩みの種でもあるのが、お客さんに店外に誘われること。
店外というのは、お店の外で会ってデートをしたり、セックスをしたりすることです。
中には、その店外デートを利用して、さらに稼ぐという人(セックスとデート代を払ってもらう人)というのもいますが、一度店外で会ってしまうと付きまとわれる可能性もありますし、お店にばれたらクビになります
クビになるだけならいいのですが、罰則でお金をとられるなんていうこともあるので、多くの人は店外の申し出を丁重に断っているんですよ。
お客さんが逃げないように、気を遣いながら断るというのは骨が折れますよね。

デートコースあり!?

そんな頭を悩ませる店外の申し出ですが、デートコースがある風俗店に所属していると、楽に断ることができるんです。
これは実際に使ったことのある断り方ですが、デートコースがあると店外=デートコースだと解釈して話を進めることができます
「お店の外で会おうよー」「今度デートコース予約してくれるんですね!?きゃーうれしいー!」という感じで、相手が「いやいや」と言ってきても全力でとぼける。
そうしたら相手も「んじゃあ今度予約するよ」と折れるか、ただ単に諦めるかしてくれます
うまく誘導すれば、デートコースを予約してもらいさらに稼ぐことができるというわけですね。
誘導ができなかったとしても、「お店にデートコースがあるからそれでいいじゃないですか」と言うことで、相手は何も言い返せなくなります。
「確かにそうだな」と少しでも思ったら、言い返せないですからね。
デートコースがあるじゃないですかあー。それにお店のコース外で会ったらお店にしかられちゃいますし・・・でもデートはしたいんですよー誘ってくれます?
という感じであざとく攻めればだいたい大丈夫です。
これでおちるお客さんを大勢見てきました。

ここで言う「誘ってくれます?」というのは、お店のコースでデートに誘ってくれるかということなので、これにお客さんがうなずけばそのお客さんはもう固定客と同じような感じになります。
デートをするためにデートコースをばんばん予約してくれるわけです。
完全にカモですね。

店外希望を稼げるようにする

このように、デートコースがある風俗店だと、店外に誘ってくる客はむしろカモなのです。
鬱陶しい嫌な客を、一気にお得意さんにチェンジすることができる秘策。
あなたのキャラにもよりますが、天然キャラをつくっておくとさらに難易度が下がります
天然キャラだということをお客さんにもわからせることができていれば、とぼけたとしてもため息ひとつついて「そうだね」と、たいていのお客さんは言ってくれますよ。

それでも誘ってくる客は?

デートコースを引き合いに出しても引き下がらないお客さんは、きっと何を言っても無駄なのでマネージャーさんに相談しましょう
しつこく店外に誘う行為はお店のルールに違反するので、NGにしてくれるはずです。
ボーイは、本当にルールを破られるのを嫌いますからね。
「あれだけ説明したのに・・・」と、説明したボーイは本当に憤りを覚えるらしいので、ルール違反したお客さんはバンバンNGにします。
入店拒否になる場合も少なくはないので、安心です。

まとめ

お客さんを失うかもと思うかもしれませんが、そういう嫌な客はブロックして、良いお客さんにだけ本当に良いサービスをしてあげるというのがいいですよ。
デートコースがあるお店に入ったら、店外交渉を断る口実にデートコースを出しましょう
それでだめならNGにする勇気も必要ですよ。