常連客に本名聞かれた時、偽名を教えますか?

風俗で働いていて、最初のうちはあまりないかもしれませんが、だんだんベテランになるにつれてついてくる問題というものがあります。
それは何かというと、常連さんへの対応です。
常連さんは何回もリピートして指名してくれるわけですから、女の子としては絶対につなぎ留めておきたいもの
しかし、常連さんの要求が過度なものになってくると、結果として女の子自身のためにもなりません。
今回は、女の子と常連さんとの間の関係性というものに焦点を当てて、考えてみたいと思います。
これから風俗を始めようと思っている人だけではなく、すでに現役で働いている女の子にとっても有益な情報になればと思ってますので、どうぞよろしくお願いいたします。

本名?偽名?

さて、常連さんとの付き合いということですが、本名というテーマで考えてみたいと思います。
常連さんによっては個人的な連絡先を交換しようとしたり、あるいは女の子の本名を聞いてくる人がいます
つまり、お店だけでの関係性ではなく、一個人としての付き合いにしたいというような距離のつめ方だと思いますが、そのような申し出があった時に女の子はどう対応したらいいのでしょうか。
まず考えられるのは偽名を使うということです。
本名をお客さんに教えるのはちょっと抵抗があるけど、かといってむげに断ったらお客さんが気を悪くするんじゃないか、そう思うのはある意味当然のことです。
お客さんからしても、これだけ常連として通っているのだから、本名くらい教えてくれてもいいだろ、というような感じになるのはしょうがないことかもしれません。
そこで考えるのが偽名です。
さもありそうな、本名風の偽名を伝えることによって、お客さんからしたら満足感を得ることもできますし、女の子も安全に名前を教えることができるでしょう。

偽名を使う時の注意点!

このように効果ばかりがあるような感じがする偽名作戦ですが、重要な点も忘れてはいけません。
つまりどういうことかというと、偽名をお客さんに教えたのならば、その設定をしっかりと覚えておかなければならないということです。
次回お客さんが来たときに偽名を呼んで来たらちゃんと返事をしないといけないですし、本名というていでLINEなどの情報を教えたのならば、そのアカウント名などにも気を付けなければなりません。
さらに、出身地や趣味などウソの情報を相手に伝えてしまったら、最後までその設定を覚えなければならないですから大変でしょう。
女の子によってはお客さんごとにノートにまとめたりして会話内容を覚えている女の子もいるようです。
そこまで記録するのは、素直にすごいと思えますね。

あまり良い手ではないですが・・・

そこまでの手間をかけることができない、という場合には本名を教えてしまう、というような手もあります。
しかし、やっぱり前述のとおり知らない人に名前を教えるというのは不安もつきものです。
できるだけ複数回来てくれて、こちら側も相手の素性を知っているという状態で教えるべきでしょう。