この仕事長いの?って聞かられたら、どう答えてますか?

風俗の仕事をしていると、聞かれることがあるのが、長く働いているのかということです。
こういったときには、どう答えているのか、またはどのような答えるのが当たり障りがないのかということについて考えてみましょう。

あえて流す

正直なところ、このような質問をするお客さんに対しては、そこまで気を使うことはないといえるわけですが、
あえて言うのならばここはあえて流すようにしたいものです。
別に答えは何でもいいです。
そうですねーとかでもいいですし、そんなことはないですよと言ってもいいでしょう。
お客さんとはしっかりと会話することも風俗の世界では大事なのですが、長く風俗で働いているというのは、
女の子にとってはあまり本位ではありませんから、やはり聞かれたくはないのです。
そういう時にはやはり流すことが大事になるのです。

こうしたことに耐えることが大事

風俗嬢として働いていると、この手の質問はたくさんされることになります。
その度に心が痛むことだってあると思いますが、そこまで気にしていては仕事になりません。
できる限り耐えることが大事になりますし、その方が問題も起こりませんし、お客さんの機嫌を損ねることもありません。
もしも自分のせいでお客さんが気分を害し、それが一気にお店に広まってしまったら、指名もされなくなるかもしれないからです。
そのため、不要な争いに近いことでもできる限りさけることが必要なのです。

求人を探すときは

もしもこうしたことを言われることに耐えられない、でも風俗で働きたいとい場合には、
面接のときにこのように聞かれたときには相談してもいいか、困ったことがあったら助けてもらえるのかについて聞いてみるといいでしょう。
ここでスタッフを守ってくれるのであれば、そこで働いても損はないでしょう。
ちょっと微妙な態度を見せられたなと思ったら、働くのをやめてもいいかもしれません。
風俗店といっても色々とありますから、場所によっては長く勤めていることに対して誇りを持っている女の子もいるかも知れません。
それから、もしも質問に対して答えられないものが来たとしたら、そういった質問はやめてほしいということをきっちりと伝えることも大切です。
お客さんの中には、話を聞いて勝手に解釈をしてしまうという方もいます。
そうなると、何かしら問題がある発言はやめてほしいということをしっかりと伝えてあげましょう。
どうしても無理ならば店長に言って店を出てもらうことも時には必要なのです。