ピンサロの接客ってどれくらい会話してから始めますか?

ピンクサロンで働くにあたって、
接客はどれぐらい会話してから始めるものであるのかは気になるところと言えます。
これは人それぞれ異なるものです。
さらに、接客時間によって変えるようにしている方も少なくありません。

基本的な流れについて

ピンクサロンでの基本的な流れとしては、まずお客様に挨拶をします。
そして世間話をして接客して終わりという形です。
世間話の内容はたわいもないもので全く問題ありません。
天気のことや洋服を褒めるなどのことです。
接客前の会話として5~10分程度です。
そしてお客様の上に跨ってキスをします。
ここが5~10分程度です。
次においぼりで男性器を拭いてきれいにします。
そして手コキやフェラでサービスをし、最後は口でキャッチします。
最後におしぼりで拭いて終了となります。
これがマンツーマン接客であり、お店によっては花びら回転の場合もあります。
これは一定時間内で次々とピンサロ嬢が入れ替わる接客システムとなっています。
この場合は少し挨拶から接客までの間隔を狭めた方が良いでしょう。

ピンクサロンの接客時間は短いのが特徴

デリヘルやホテヘルなどでは60分以上のサービスが主流となっています。
お客様としてゆっくり楽しむことができるのがやはり大きいと言えます。
これがピンクサロンの場合は、30~60分であることがほとんどです。
比較すると接客時間は短いのは一目瞭然です。
その為、デリヘルやホテヘルよりも会話の時間はどうしても短くしないといけません。
目安となる時間配分はあるものの、
これはお客様のコースによって変えるのも良いでしょう。
60分コースなら多少ゆったりできるという部分があります。

射精までの時間について

ピンクサロンを利用される方は、当然最後には射精をして帰りたいと思うものです。
しかし、この射精時間は人それぞれ異なるであり、
初めてのお客様の場合は、それは分からないものです。
中にはすぐに射精するお客様もいるものの、逆に遅漏のお客様もいるのが事実です。
その為、30分のコースであるのなら、
最後に時間が余るくらいの感覚でいた方が良いでしょう。
その時のお客様の体調によってもこれは大きく変わるものです。
一度ついたことがあるお客様であるのなら、
ある程度のことは読めるものの、そうでないケースの方が圧倒的に多いです。
早いか遅いかを聞くのも失礼な話となる為、
時間内での射精を考えると、やはり会話は早めにするのが良いでしょう。
特にピンサロ嬢として働いた歴が短いのであれば、強く意識した方が良いでしょう。

風俗バイトで稼ぎたい女性へ

おすすめは「スカウト型風俗求人サイト」です!
求人を探すこともできるし、待っていれば店舗からメールがきます!
簡単に高収入バイトが見つかるのは嬉しいですね!

おすすめのスカウト型求人サイトはこちらです!

Qプリ

ミミロケ

無料登録だから安心です!