女王様の格好ってボンテージ以外に無いんですか?

SMといえばボンテージ。
そんな印象を持つ人は少なくないことでしょう。
しかし風俗店にはさまざまな種類があります。
もしかすると、それ以外の衣装もあるのでは?と、ちょっと気になってしまう人も中にはいるかもしれませんね。
ボンテージ以外の格好、果たしてあるのでしょうか。
ご紹介したいと思います。

ボンテージ以外の衣装

基本的に、SMらしさ、雰囲気を演出するため、多くの店ではボンテージが使用されます。
しかし、例外もあります。
例えば、さまざまな衣装を楽しむコスプレ系SMや、そこまで本格さを求めない、ソフトSM系店舗などです。
ボンテージを着た女王様にいじめられてこそのSM!と考えるマニアもいれば、そこまでリアルなものには抵抗があるけど、
気軽に主従関係を楽しんでみたいといった、ライト感覚を良しとするお客までさまざまにいます。
利用客の需要に合わせて、あらゆるテイストでサービスが提供されているのです。

そもそもボンテージとは

SMで用いられる代表的な衣装として、ボンテージという言葉は広く知られています。
SMを題材にした映画やバラエティ番組なども多いので、プレイ未経験の人でも多くが耳にしたことくらいはあるかと思われます。
正確には「ボンデージ=bondage」の呼び名が正解で、衣装ではなく、性的興奮を得るための拘束や、主従関係を築くための行為そのものを指します。
しかし現代日本でボンテージといえば、黒を基調としたデザインの、体を強く締め付けたようなSM向け衣装のことを表しています。
そのため、こと日本のSM風俗用語としては、ボンテージ=SMのS嬢向け衣装と考えておいて問題ないでしょう。
種類としては、ボディスーツ・キャットスーツ・コルセット・コートなどが代表的です。

素材の違いで雰囲気を楽しむ

同じ黒のボンテージでも、素材が違うだけで雰囲気も大きく変わってきます。
ポピュラーな素材としてはが代表的ですが、
その他照明に照らされ現れる艶がなまめかしさを演出するエナメルや、威圧感、また独特の匂いでM心をそそるラバーメッシュなどもあります。
店舗のカラーやM客の要望に合わせて着ることで、さらなるお客さんの満足度に繋がります。
指名客やオプションの増加へも期待が持てるので、慣れてきたら、こうしたビジュアルの面にもこだわってみてください。
SMといえばボンテージ衣装のような認識が強いですが、お店によってはボンテージ以外の衣装を着る場合もあります。
お店のカラーやお客さんの好みに合わせて着ることで、よりお客さんを満足させられるよう意識してみてください。

風俗バイトで稼ぎたい女性へ

おすすめは「スカウト型風俗求人サイト」です!
求人を探すこともできるし、待っていれば店舗からメールがきます!
簡単に高収入バイトが見つかるのは嬉しいですね!

おすすめのスカウト型求人サイトはこちらです!

Qプリ

ミミロケ

無料登録だから安心です!