無口なお客さんが苦手なんですが、何かいいテクニックあります?

風俗にはさまざまなタイプのお客さんが来るので、中にはちょっと苦手に感じる人も、いるかもしれません。
無口系のお客さんも、実際少なくありません。
あまりしゃべらないタイプのお客さんには、どのようなテクニックが効果的なのでしょうか。

無口タイプのお客さんについて

風俗に来たからといって、お客さんがかならず話をする必要はありません。
むしろリフレッシュするためのサービスであるため、黙ってただ癒されたいと考えたい人も結構います。
そのため特に負担とは考えず、“”そういうパターンもある””程度に捉えて、気にせずプレイを進めていって問題ありません。
話す必要がない分楽でもあるため、ラッキーに感じる女の子もいます。
ですが、「無言空間がどうしても苦手!」と感じる女の子も、やっぱりいますよね。
おすすめテクニック、ピックアップしてみました。

話さない理由を探ってみる

まずは、話をしてもらえるよう工夫する方法です。
確かに、病気などで話すことが難しい人も中にはいます。
ですが基本的には、何か理由があって無口な状態となっているので、原因をさりげなく探ってみると良いでしょう。
例えば、「お疲れですか?」「緊張してるんですか?」など、遠まわしに話そうとしない理由を聞いてみましょう。
もちろんこのとき「何で無口なの?」「話してよ!」と強引にいきすぎるのはNG。
人によって、不快さを覚える可能性もあります。
その他、感じるポイントを探して「ここ弱いんですか?」などとエッチな問いかけをしてみても、好意的に口を開いてくれやすくなるかも。

オプションを勧めてみる

この方法なら、自分のメリットにも繋がるので効率的です。
多くの風俗店では、基本メニュー以外にオプションも充実しています。
そのためなかなか会話が盛り上がらないなら、人懐っこい雰囲気でオプションを勧めてみるのも、打ち解ける手段となります。
無口な人も、基本的にはエッチなことを楽しみに来ている訳です。
自分の興味あることなら、重い口も開いてくれやすいです。

プレイにひたすら集中する

性格的な理由で無口なら、強引に口を開かせるのはちょっと嫌がられる場合も。
そのため、話は諦めて、ひたすらプレイに集中するというのも負担なくサービスをこなす方法といえます。
お金のことをひたすら考えて、ちょっと気まずい空気もたくましく乗り切ってみては!
お客さんが無口であることは、まったくもって悪いことではありません。
そのため、結構そういう人も多いです。
どうしても気まずさに耐えられないなら、遠まわしに無口な理由を探ったり、エッチな内容で興味を引いて、自然に会話を引き出してみると良いでしょう。