キャバクラに面接に行ったら、手コキ店を紹介されました。よくあることですか?

性的サービスはないのが一般的なので、安心して受けに来たキャバクラ面接。
にもかかわらず、実際にはなぜか手コキ店などの性風俗を紹介された…。
そんなことがあると、不安ですよね。
よくあるケースなのかどうか、ご紹介したいと思います。

キャバクラと手コキ店の違い

どちらも、実は同じ“”風俗””に属します。
ですが内容としては大きく異なります。
まずキャバクラですが、こちらでは性的なプレイどころか、お触りも基本的に禁止!
テレビや漫画などを通じて、キャバといえば、男性がいやらしい目つきでキャバ嬢にセクハラしている…
といった印象を持つ人も少なくないかもしれませんが、本当はNGなんです。
会話による接待や、お酒を美味しく飲んでもらえるよう品よく振舞うなど、
触れることなくおもてなしするのがキャバクラでのお仕事。
同じ風俗であっても、かなり健全なのが特徴となっています。
その点、手コキ店は名前の通り、男性器を触る手コキをメインとしたお店。
溜まったものをすっきりさせて、性的に気持ちよくなってもらうのがお仕事内容となります。
体を触りすらしないキャバクラの仕事とは、全然違いますね。

よくあること?

そのキャバクラが系列店やネットワークに手コキ店を有しているのであれば、場合によってあり得ます。
ですが、キャバクラ一本で運営されるところも少なくないので、そこまで多くはありません。
キャバクラで働けるほどの容姿ではない、会話が苦手そう、雰囲気が合わなさそう。
そんな場合に、勧められる可能性があります。
ですがあくまで提案なので、嫌なら断ってももちろん問題ありません。

そんなことを勧めるキャバクラで働くのは避けるべき?

本当にあなたのことを思って提案してくれているキャバクラであれば、キャバ嬢想いの優良店であることも考えられます。
一概に避けるべきと判断する必要はないでしょう。
「レベル的に活躍が難しくても、努力して頑張りたい!」と意思表示して、キャバクラ勤務を希望しても問題ありません。
ただ、そもそもキャバクラ店という名目が虚偽のもので、
最初から手コキ店における採用を目的とした求人募集であった場合は注意が必要です。
そもそもキャバクラ嬢になれませんし、手コキ店としても、信頼の置けない店舗であることが予想できます。
確かに、キャバクラ面接で手コキ店などの性風俗を勧めるお店も、中にはあるでしょう。
ですがそこまで多い訳でもないので、キャバクラ自体が怪しい業界と考える必要はありません。
本当に良心から提案してくれている場合もあれば、詐欺まがいのケースも考えられます。
いずれにおいても、手コキ店が嫌ならきっぱり断ってください。