キャバクラや水商売一本で生活できますかね?

キャバクラや水商売というのは、とてもたくさんのお金を貰うことが出来るものです。
実際のところ、こうした仕事一本で生活できるのかということについて考えてみましょう。

もちろん生活は可能

実際のところ、水商売やキャバクラ一本でも十分に生活は可能であるというのが結論です。
もちろん人によって得られる額は違ってきますが、キャバクラであれば、普通に指名を貰って働いていれば、サラリーマン並みの給料は普通に貰うことが出来ます。
水商売でも、キャバクラなどで働いて稼いだお金でお店をオープンさせて盛況すれば、十分に生活していけるだけのお金を手にすることは出来るはずです。

不確定要素は多い

断っておきたいこととしては、不確定要素が多いということです。
キャバクラならばたくさんお金を稼ぐことはできますが、いつ辞めなければならないかが分からないですよね。
経営者になればそれこそ長く働くことはできますが、やはりそれも厳しい面はあると思います。

一気に働いて貯金をするのが望ましい?

もしも、経営者としての才能があるのなら、水商売だろうがキャバクラだろうが、一本で生活していくことは出来るでしょう。
しかし、もしもそういった才能が無いと思ったのであれば、キャバクラなり水商売なり、
ある程度頑張って働いてお金を稼いで普通の仕事をした方がいいのかもしれません。
その方が、男女問わず長く働くことはできます。

低い給料に耐えられるか

普通の仕事をした方が長期的に働けるというメリットはありますが、
時給に換算したときにはやはりキャバクラの方が賃金が高くなる可能性は高いです。
不確定要素の多い仕事を続けた時、後にそれ以外の仕事が出来ないとなったときにどうなるかも疑問視されます。
低い給料に耐えられるのかというのもポイントになります。
これまで時給3000円もらっていたのが急に時給1200円になったとしたら、金銭的にもギャップが出てくるかもしれません。
ただ、長く働きたいと思うならばこちらを選ぶのがベターと言えるでしょう。
結局、どの仕事でも言えることかもしれませんが、この仕事一本で食べていくという気持ちさえあれば、どんな仕事でも行けるのではないかとも思えます。
もし本気でキャバクラや水商売の仕事だけで生きていきたいとしたら、すでにその世界いる人たちに色々と話を聞いてみるといいかもしれません。
自分が今後どのようにしたらいいかもわかるでしょうし、本当にそれで自分が生きていけるのかの判断材料にもなるでしょう。