お客さんに付かせてもらえないのですが、干されてますかね?

キャバクラに入って、言われた通りサブとして頑張って働いているのに、なかなかお客さんに付かせてもらえない。
また以前までは普通に接待していたものの、いきなり付かせてもらえなくなった。
こういったケースがあると、やはり干されていることも考えるべきなのでしょうか。

付かせてもらえないのは、干されてるから?

かならずしも、そうとは限りません。
確かに、厳しい女社会なので、女同士の軋轢において、暗に干されているケースも考えられます。
リーダー的な先輩の、陰湿な嫌がらせである可能性もあります。
ですが、それはあくまで一例で、むしろそうでないことの方が多いといえます。
キャバクラはあくまで接客業です。
そのため、干されて元気がないサブのキャバ嬢をお客の前に出して、不快に感じられては元も子もありませんからね。

干されてない例

まず、あなたが新人であり、まだしっかりとした準備が整っていないケース。
お店側は、サブにつかせて先輩の仕事ぶりを学ばせたり、
接待の経験を積ませてちゃんとしたキャバクラ嬢になるため練習をさせます。
その期間が長いように感じるのであれば、あなたはなかなか感覚が掴めていない状況…といったことかもしれませんね。
次に、以前まで普通に付けていたにもかかわらず、突然付かせてもらえなくなった場合。
こちらは、仕事を続ける中で接待のクオリティが落ちてきていたり、
お客さんに何か失礼なことをしてしまった日があり、その反省期間としてサブに落とされている可能性などが考えられます。

きっかけを思い出してみましょう

付かせてもらえないからといって、いきなり干されていると判断して退店を検討するのは、時期尚早といえます。
自分の接待において何か不備がないか、サブに落とされる直前、
何かきっかけはなかったかなど、お客さん視点で見つめなおしてみましょう。
理由さえ分かれば、サブ接待を通しその部分の改善に取り組んでください。
先輩やオーナーなどが頑張りを評価し、また再度付かせてくれる可能性が高まります。

確かに干されているケースも考えられますが、確率は低いでしょう。
客商売である以上、そのような身内における落としめのようなもので、お客さんを不快にすることはプロ意識に反します。
ちゃんと理由があり、お客さん、そしてあなたのことを思って付けないようにしている可能性が高いです。
自分の接客の仕方を見つめなおして、しっかりアピールすればきっと付けるようになれますよ。

風俗バイトで稼ぎたい女性へ

おすすめは「スカウト型風俗求人サイト」です!
求人を探すこともできるし、待っていれば店舗からメールがきます!
簡単に高収入バイトが見つかるのは嬉しいですね!

おすすめのスカウト型求人サイトはこちらです!

Qプリ

ミミロケ

無料登録だから安心です!