30歳過ぎてから、体力の回復が遅い気がしてきた・・・

風俗の子が20代の頃だったら、一晩も寝れば翌日にはすっきり疲れも取れていたのが、30歳を過ぎた頃から、
「どうも疲れが取れない」「体力の回復が遅くなった気がする」という感想を漏らすことはとても多いです。

20代がピーク

体の機能は、その全ては20代がピーク
だから風俗で働く女の子に限らず、上記のようなことを感じるのは、ごく自然なことなのです。
どんなに優れた人でも20代をピークとして、それ以降は加齢に伴い体力が低下していくのは、不可避なことです。
しかし、体力や疲労回復力の低下を防ぐ方法はあります。
何もせずにいると低下速度は著しくなりますから、適切な対策を採って低下速度を小さくするに尽きます。

やはり大切なのは睡眠

人間って疲れてくると、自然と眠くなりますよね。
疲労回復に最も効果的なのは、やはり睡眠
睡眠中でも心臓や肺は止まることなく動いてはいますが、
それでも脳や筋肉は休息状態にあり、覚醒中の活動時に傷ついた細胞の修復が行われているのです。
睡眠時間の理想は7時間。
個人差もありますが、統計的に死亡率や疾病にかかる率が最も小さくなるのがこの時間です。
6時間より小さくなると、活動時の質は落ちる傾向にあります。

睡眠の質

睡眠は時間だけでなく、質を上げることにより、疲労回復の効果を上げることが出来ます。
人間は、体温が下がると眠たくなるものです。
だから就寝時間を狙って、自然と体温が下がるように持って行けば、睡眠の質も上がります。
具体的には、ストレッチやお風呂に入ることでわざと体温を上げ、
そこから気持ちや活動を落ち着かせることによって、少しずつ体温を下げてあげます。
そうすることで就寝時には、心身共に自然と熟睡に入れる状態になっています。
逆に睡眠の質を上げるのに、妨げとなることは避けたいところです。
就寝時間の直前に食事を取ることもその1つ。
「食事をすることで、眠たくなり良いんじゃないの?」と考える方がいるかも知れませんが、
これをしてしまうと睡眠中に胃や腸が動くことになってしまい、どうしても睡眠の質は落ちてしまいますので、避けて下さい。
体の部位全てを同時に休ませるため、2時間か、可能であれば3時間前には、晩ご飯を済ませるのが理想的です。

その他にも就寝前には、スマホやパソコンは控える等、睡眠の質を上げるテクニックは色々あります。
睡眠に関しては職種に限らず、多くの人が悩んでいるということでしょう。
ここでは書き切れないほどですから、個々に研究して下さい。