クラミジアが初期段階でわかる方法ありますか?

クラミジアに関しては女性のかかる性感染症の中で、半数近くを占めるほどに性病の中ではメジャーな存在となっいます。
しかし、だからこそ気を付けたいものですが、初期段階で感染したことをわかるのは至難の業と言われています。

治療法の確立している感染症

性病の中でクラミジアはしっかりと治療方法が確立しているものです。
そのため、治療そのものはシンプルで、生命にかかわるといったこともありません。
感染ルートとしてはセックスになりますが、オーラルセックスによる喉への感染もあります。
しかし、やはり気にしたいのはセックスによる感染です。
もしも感染してしまったら、すぐさま治療をおこなえばよいのですが、
このクラミジアの特徴のひとつともいえるのは症状がないということなのです。

症状がないために気づきにくい

初期段階でクラミジアに感染したかどうかを見分ける方法を知りたいということですが、
クラミジアは症状が出ない感染症でもあります。
症状としてはおりものが増える、下腹部が痛むなどのものがあるのですが、
これらはとても軽いために見逃してしまうことも多いのです。
また、このような症状が出ないケースもあるのです。
女性の場合にはおよそ80パーセント程度の人が何も症状がないとも言われていますので、
質問にあるような初期段階で発見するのは相当難しい感染症ともいわれているのです。
そのため、もしも気になる性交渉があるようであれば、
早い段階で病院に出向いて、感染しているかどうかの検査を受けるのが早期発見への近道なのです。

不妊の原因になる可能性がある

クラミジアに関しては不妊になってしまう可能性があるともいわれています。
感染したら確実に不妊になってしまうということでもないのですが、
その可能性がありますので、できれば感染したくはない感染症と言えます。
そのため、セックスによる感染を防ぐためにもコンドームの使用を徹底しましょう。
若い人の中にはコンドームは妊娠しないための避妊具と思っている人も多いです。
たしかにそのような側面もありますが、コンドームというアイテムは本来、
こうした性感染症を防ぐために存在しているわけですから、
いくら相手から望まれてもコンドームを装着してもらうようにしましょう。
また、挿入前からしっかりと装着してもらうことが感染リスクを減らすのです。

残念ながらクラミジアは初期段階でわかる方法がほとんどないのです。
運よくわかりやすい症状が出て、それに気づくことができればよいのですが、
ほとんどの人が気づかないために、定期的な検査なども重要になるのです。