風俗嬢の方って年末年始は、出勤してますか?しませんか?

他人が遊んでいる時に働いて稼いだお金は倍の価値があると、昔の人が言っていました。
サービス業であり、大人のレジャーでもある風俗業界は年末年始や連休などに稼働すれば、お客の見込みもあり、稼ぎ時なのではと思われますが、実際の風俗業界における年末年始事情はどうなっているのでしょうか?

クリスマス前後は稼ぎ時

クリスマスをまたぐ前後は、お菓子業界同様に風俗にとっても稼ぎ時になります
この時期はボーナスが出たばかりであり、巷の人の懐が特に温かい時期なのは当然ですが、忘年会などで繁華街に繰り出す機会が自然と増えるために、釣られて風俗への需要も増えてくる稼ぎ時です。
酔った勢いで行っちゃおう!って人が増えるために、自然とフリー客が多く、普段指名が少ないような女の子まで引っ張りだこになります。
また団体客が増えるのもこのシーズンで、ピンサロが盛況するだけではなく、観光地のホテルなども網羅しているデリヘルも運転手が足りなくなるほどに盛況します。
お店としてはせっかくの稼ぎ時であり猫の手も借りたくなる時期ではあるのですが、女の子の出勤を本人の意志を優先している自由出勤のお店などでは、彼氏や友人などと旅行に行ってしまう女の子もでてくるために、女の子のやりくりがすこぶる大変な時期になります。
リピートにつながらない一回コッキリのお客さんが多い時期でもありますが、女の子側からしてみればかなり稼げる時期です。

クリスマスムードが独身男性を揺り動かす?

恋人とキレイな夜景を見て一夜を過ごす・・という理想的なイメージがありますが、孤独な男性たちは風俗を利用するケースというのも増えるようです。
しかしながら、クリスマスイブ当日はどこのホテルも自然といっぱいになるために、デリヘルなどでは派遣したいがホテルが無いために、暇になりがちな日でもあるそうです。

元旦と年始の傾向

祝日ではありますが、ほぼ年中無休が当たり前の風俗業界でも元旦はお休みにしている店は多くあります。
年越しは帰省したり家族と家で過ごす(もしくは過ごさざるをえない)という人が多く、家を出る人が元旦は極端に少ないためです。
女の子たちもこれらの事情は該当し、たとえ店を開けたとしても、出勤できる女の子を確保するのは難しくなることも理由でしょう。
最近は元旦から開店する小売店もふえておりますが、この業界は3日あたりから開けるお店が多いようです。
おせち料理や同じような正月番組に飽きた人の他、姫はじめと称して三が日中に絶対風俗に行くのが慣習になっている人などもおり、年の明けにも需要は多めで稼ぎ時になります。
大学生のアルバイトなど年末年始などは親元に帰らなければならないといった子もいます。
さらに子供のいる風俗嬢の場合は、年末年始は冬休みがあって学校や幼稚園が休みという事情のために、出勤できないケースも多々あり、事情はお店側も周知しているため休みを取るのも比較的簡単です。
年末年始を休むこともたやすいのが風俗のお仕事ですが、この時期はガッツリ稼ぐ穴場のシーズンでもあります。