新宿スワンみたなことってありますか?

映画にもなった人気漫画の「新宿スワン」はスカウトマンを主人公にしている作品であり、
当然ながら風俗の世界のことも描いています。
しかし、あれはあくまでもエンターテインメントであって、現実と違う部分もあります。

スカウトマンはあそこまで酷くない

風俗業にスカウトマンがいるのは事実ですが、あそこまで酷い状況とは言えません。
もちでろん、スカウトマン同士のライバル関係などはあるしょうが、
だからといって映画や漫画の世界と同様のエピソードがゴロゴロあるかと言えばそれは微妙なところです。
女の子のケアをきちんとおこなうスカウトマンなどが風俗嬢からも信頼を得るので、
スカウトマンと二人三脚のような形で頑張っている女の子はたくさんいるのですが、
たとえば支配されてしまうというようなことは、基本的にはないのです。
あくまでも主体は女の子であって、女の子が自分で働きたいと思っているからこそ、仕事をおこなうわけです。
そのため、もしも怖さを感じているならば、あれはフィクションだと割り切りましょう。

暴力などは有り得ない

「新宿スワン」の中では借金を背負った風俗嬢が店長から暴力を受けているような描写もあります。
たしかに借金を理由に風俗で働いている女性はいますが、
だからといって暴力を受けて働かされるということはありえません。
風俗という仕事をするからと言って、そんなことをされることはないのです。
お店は女の子がいるからこそ仕事が成り立っているわけですから、女の子のことはとにかく大切にしています。
中には悩み相談に乗ってくれるようなお店もたくさんあるなど、安心して働くことのできる店がほとんどです。
そのため、「新宿スワン」の中で描かれていたような
暴力的な言動があるということは有り得ないので、安心して風俗の世界に飛び込みましょう。

風俗の世界の男性は優しい

風俗の世界にはスカウトマンやそれぞれのお店に在籍している男性スタッフなどがいます。
また、デリヘルであれば送迎のためのドライバーさんもいます。
このような風俗の世界に従事する男性に総じて言えることは優しいということです。
女の子がいてこそ自分たちの仕事が成り立っているということを日々の業務を通じて本当に身にしみているため、
女の子に対してはとにかく優しく、ケアも万端というケースが多いので安心してください。

映画はあくまでも映画であって、漫画はあくまでも漫画なのです。
同作品の中で描かれているエピソードはあくまでもフィクションであって、
現実の風俗の世界とはかなり違いますので、あまり恐れる必要はないと言えます。