生理って言ったらふてくされたけど、ピンサロって基本触らせるの?

ピンクサロンの場合はピンサロ嬢へのお触りはお店によってそれぞれのルールがあるものです。
中にはピンサロ嬢へのお触りがありのお店もあります。
生理でどうしてもアソコへのお触りが嫌だと思うのなら、
やんわりと生理であることをお客様に伝えるのが望ましいと言えます。

ピンクサロンのルールについて

ピンクサロンと一言で言っても、そのお店毎にルールがあるものです。
ピンサロ嬢へのお触りがありのお店もなしのお店もあります。
ピンサロ嬢へのお触りがありのお店の場合は、
お客様はそのお触りを楽しみにしてお店を利用していることもあるものです。
その為、生理と言われたらがっくりされるお客様もいるものです。
この場合はやはりお店のルールについて考えるべきでしょう。
お店のルールでお触りがありであるのなら、やはりある程度のことは我慢した方が良いと言えます。
それが指名客を獲得に繋がることも大いにあります。

生理でお触りがきつい時の対応

ピンサロ嬢として働く上で、生理の時は必ずあるものです。
その生理の時にはきついから休むというピンサロ嬢もいる程です。
ピンクサロンは比較的お触りが少ないのが特徴的であるものの、
お客様としては触りたいと思う時もあるものです。
でも、生理で触られるのがきついと思う時もあるでしょう。
その時にはやんわりと生理できついということをお客様に伝えるべきです。
伝えることで分かってくれるお客様も少なくありません。
中にはガッカリされるお客様もいるものの、
どうしてもきついのであれば、しっかり伝えることが大事になります。

よりせめるようにする

ピンクサロンはあくまでもピンサロ嬢がせめるのが基本であって、お触りがメインではありません。
生理できつい時にはこの点をよく考えることが大事になります。
お客様にせめる間を与えずに、せめることを意識すると良いでしょう。
特にピンクサロンの場合は利用時間が短いものです。
お客様として、射精した後に触りたいと思う方は少ないもので、
せめることが生理で触られるのを避ける適切な方法であると言えます。
せめるのが好きなお客様は基本的にピンクサロンを利用しない傾向にあります。
それは、やはりピンクサロンのシステムを理解しているからです。
中にはせめるのが好きなお客様もいるものの、そういった方には生理時の対処法を活用すべきです。
生理時にピンクサロンで働くのはきついと思えるシーンもあるものの、
対処法を活用することで、負担は軽減できます。