セクキャバでも色恋営業って通用しますか?

セクキャバで色恋営業は非常に有効で、十分通用すると言えます。
問題となるのはどういった方法で色恋営業をするかです。
セクキャバでしっかり稼げている方は、多かれ少なかれ色恋営業をしているもので、しっかり身に付けた方が良いでしょう。

より感情の高ぶりがある

キャバクラでは色恋営業は基本と言っても過言ではありません。
店内での接客ではもちろん、同伴やアフターの時に色恋営業をすることによって、しっかり指名客を獲得することに繋がります。
セクキャバの場合はより色恋営業をしやすいシステムとなっています。
キスや胸へのタッチがありであり、男性としては気持ち的な高ぶりがあるものです。
当然それ以上のこともと男性は考える部分があり、色恋営業が非常に有効になってきます。
やはり肌と肌が密着することによって、よりそれ以上のこともと考えるのは自然なことだと言えます。
セクキャバでのお仕事で色恋営業をしっかり身に付けた方が、より稼げるようになると言えるでしょう。

同伴とアフターが大チャンス

キャバクラと同様に、セクキャバでも同伴やアフターがOKとなっています。
まずはお客様と連絡先を交換し、同伴とアフターのチャンスを作ることからスタートです。
そしていざ同伴やアフターができたのなら、決してお店にもっと来てほしいなどのことを言わないのが大きなポイントになります。
お客様の立場になると、キスや胸へのタッチ以上のことをしたいと思っています。
しかし、お店に来て欲しいと言われても、結局それ以上のことはできないものと認識してしまいます。
色恋営業の基本は、お願いすることではなく、来てもらうようにさせることです。

こまめに連絡を

セクキャバでの色恋営業をするのなら、決して焦らないことが大事になります。
お店に来ることを強要したとしても、お客様は決して良い気持ちとはなりません。
しかし、こまめに連絡をすることはしっかり意識しないといけません。
メールや電話でこまめに連絡をすることによって、男性はもしかしたらという期待を抱きます。
これも色恋営業の基本であり、しっかり意識すべきことです。
色恋営業自体はセクキャバで非常に有効ではあるものの、問題はどういった方法で色恋営業をしていくかです。
お客様のタイプによっても変えていかないといけません。
基本となることはまずはマスターしないといけません。
キャバクラよりも最後までという気持ちになりやすいのがセクキャバで、あなたの力量一つで結果に結びつきます。