お店を辞めた後の最後の給料が思っていたより少ないのですが?

一生懸命働いたのに、お給料が少ない。そんなことがあると、ちょっと嫌ですよね。
実際に、お店を辞めたあと最後に受け取る給料が少ない…といったケースは、割とあるようです。
これはなぜなのでしょう。
また、防ぐ方法はあるのでしょうか。

最後の給料が少ないケース

少ないといっても、さまざまな状況が考えられます。
例えば、時給数千円の契約であったにもかかわらず、地域において決められている最低時給額で計算されていたり、退店にあたっての流れが誤っているからと言って、罰金制を用いてまったく支払わないケース、さらには、理由など一切告げず、ただただ支払わない場合もあるようです。
週一程度で入っているのなら、大したダメージにはならないかもしれませんが、一ヶ月しっかり働いていたのであれば、かなりの痛手です。
困りますよね。

そんなことあっていいの?

もちろん、このようなケースは法律違反であり、労働基準法115条にて禁止されています。
優良店舗であれば、もちろんこうしたことはめったに起こりませんが、キャバクラといってもピンからキリまであり、ちゃんとしていなところも事実存在しているようです。
まずは求人に応募する前から、しっかりお店の情報を調べて、優良店であるかどうか見極めることが肝心です。

効果的な対処法

給料の支払いが不正に少ないのであれば、法的な申告を行うことでちゃんと返ってくることもあります。
しかしこれには、準備が大切となってきます。
完全に退店する前から、地道に対策をしておきましょう。
まず大事になるのが、証拠を揃えること
タイムカードのコピーや、労働時間、指名数の書かれたメモ、就業規則や労働契約に関する書類やメールなど、集めておいてください。
これらを提示するだけで、支払ってくれる場合もあります。
またそれでも応じてくれないときには、労働基準監督署や労働組合である「キャバクラユニオン」を通して、正規に請求することも可能です。

そうしたケースを防ぐには

そもそもちゃんとしていない店で働きさえしなければ、心配は少なくすみます。
お店のホームページの有無や、電話対応が雑でないか、求人掲載と実際の契約賃金が違わないかどうか、禁止区域で客引きをしていないかなどを確認することで、ある程度見極められます。
また傾向として、系列店を持たない店や個人経営店なども、少し不安視すべきのようです。
最後の給料だけ少ない、支払われないというのは、もちろん法律違反です。
危ないと感じたら、辞める以前から証拠を集めて、ちゃんと払ってもらえるよう準備をしておきましょう。
またそもそも、危なそうなお店で働きさえしなければより安心です。
万が一のケースも、知識をしっかり備えていれば落ち着いて対処、予防ができます。
安心感をもって仕事が楽しめるよう、心がけてみてください。

風俗バイトで稼ぎたい女性へ

おすすめは「スカウト型風俗求人サイト」です!
求人を探すこともできるし、待っていれば店舗からメールがきます!
簡単に高収入バイトが見つかるのは嬉しいですね!

おすすめのスカウト型求人サイトはこちらです!

Qプリ

ミミロケ

無料登録だから安心です!