オナクラに多いダミー求人は、どの部分に気を付ければいいですか?

オナクラ・・・オナニークラブ。
風俗店の中でもかなり特殊な業態で、女の子はただ見て言葉を発するだけ。
男の人が勝手にしごいてくれる。
しかもお店によってはおさわりすら禁止で、女の子を脱がせるのも禁止というところもあり、女の子は本当に男性のオナニーを見ているだけという風俗店です。
楽だけど一回一回の稼ぎが少ない風俗として浸透していますが、このオナクラの求人には、闇が潜んでいます

ダミー求人の手口

楽して稼ぎたい」という女の子の気持ちを逆手にとって、オナクラと称した求人なのに実際にはホテヘル・デリヘルに振り分けられるということが多発しているんです。
まったくもって卑劣な求人ですよね。
特にこのダミーが多い界隈が大阪界隈。
大阪の人は商売が上手ですが、大阪の風俗は、結構せこい商売をしたがるところも多く、商人の街が泣いています。
例えば、「大阪 オナクラ 求人」で探すとわかるのですが、オナクラの求人は数十件、多くて100件以上見つかることがあるんですよ。
でも大阪に実際にそれだけオナクラがあるか?と言われると、答えはNO。
オナクラなんて数えるほどしかありません。
大阪全域すべて合わせてもそこまで多くはないのに、オナクラ店の求人が、数十件、100件以上あるというのはおかしな話ですよね。
そう、ほとんどがダミー求人だというわけです。
でも中には本当にその数店舗の求人もまぎれていたりするのでタチが悪いんですよね。
ダミー求人と本物の求人を見分けるには、どこを注意すればいいのかを知ることで、少しは本物の求人が見つけやすくなるのではないでしょうか

騙されない為に

ダミー求人に多いのが、「相場よりも給料が高いような記載をしている」「待遇が良すぎる」「ホームページがない」というような求人広告でしょう。
ホームページがないというのは、お客さんがお店を見つけられないので、もう完全にダミーとわかりますよね。
女の子をつなるためだけの求人のだと、はっきりわかるわけです。
ただ、この「相場よりも給料が高い」「待遇が良い」というのは、「もしかしたらそういうこともあるのかも・・・面接行くだけなら」という気持ちにさせてしまい、被害者が続々と生まれていくんですよ。
こういう業界は、面接に行けば最後、もう戻って来れません。
ダミーだった場合は、言葉巧みにヘルスに誘導されてしまいます。
一種の催眠術みたいなもので、周りの状況と自分の「お金を稼ぎたい」という弱みにするりと入り込んでくるんです。
本当に、違和感がないくらいにするりと。
だから、面接くらいなら・・・という気持ちが危険
少しの希望も持ってはいけません。
ハッキリと断言しておきますが、オナクラにヘルス店よりも高額な給料保証があるところなんて皆無でしょう。
世の中そんなに甘くなくて、サービスの量や質、労力によって値段が変わるのが世の常。
例えば、冷凍食品ばかりを出すイタリアンファミレスが、一皿3000円とかとらないですよね。
本格イタリアンは一皿3000円ということはあっても、300円とかいうことはありません。
それと同じで、オナクラはいえば冷凍食品を出すイタリアンファミレス。
ヘルスは本格イタリアン。
客単価は当然、後者のほうが高くなり、前者は客単価が低くなります。
それでも、両方に需要があるから存在できているというわけです。
オナクラのダミー広告を見分けるのは、待遇の良さ
待遇が明らかに良すぎると思ったら、そこはもうダミー店かもしれません。