見るだけでオナクラ勤務1カ月、手コキNGならクビと言われました↓

本来オナクラは、見ているだけのプレイとなっており、たまに声をかけてあげるくらいのプレイになります。
そのため、そんなに苦労することはありませんが、稀に店側から手コキをしないと解雇するなんて話もあります。
そのことを伝えられたときは、どうやって対応していくのか考えていくことになります。

別の店に移動しても同じことに

オナクラには、手コキをして手伝ってあげるプレイが用意されていて、オプションでこれをしっかりやることによって、男性が快楽を得られるようにしているのです。
オナクラは見ているだけと思っている人は、オプションでこうしたプレイが起こりやすいことを知らなければなりませんし、これがあるからこそやらないと駄目だといわれることもあるのです。
オプションを断ってしまうと、その店では戦力にならないと判断して、クビだと言われてしまうこともあります。
その場合、他の店に移動する方法もありますが、同じことを言われてしまうこともあります。
自分が嫌だと思っているなら、そのことを伝えておき、駄目ならクビという話なら、辞めてしまったほうがいいかもしれません。

必ずNGを通してくれるところもある

NGプレイについては、女性が決めることであり、男性スタッフが勝手に決めていいことではありません。
駄目なことはしっかりだめだと話をしておかないと、自分がやりたくないのにそうしたプレイをすることになってしまい、思っていた以上にオナクラのプレイが嫌だと思ってしまうこともあります。その前に、自分で話をつけることも大事です。
手コキをしないならクビという話については、そもそも店側が女性のことをしっかり考えていないこともありますので、NGを通してくれる店に移動したほうがいいこともあります。
これによって、NGというプレイは絶対にしなくていいですし、言い分も聞いてもらえます。
こうした話が出ていることは、自分がクビになっても問題ないと思っている店側の思惑もあります。

オナクラによっては言い返せばNGを維持できるケースも

諦めて手コキを解禁する方法もありますが、本当にやりたくないと思っているなら、そもそも言い返して、NGプレイを守ってくださいと話をすることです。
NGが守られることが前提となっているので、手コキは出来ないことをしっかり伝えることによって、そうした問題が起こらないようにしておくのです。
駄目なときは、店側にしっかり話をして、おかしなことが起こらないようにしておくのです。