オナクラで最も大変なことって何ですか?

負担が大きくないと言われているオナクラですが、ハードな部分はあるのでしょうか。
大変なことを理解できれば、仕事がしやすい状況を作れるかもしれません。
入店後に気が付いても時間の無駄になります。
オナクラだからこそ起こりやすい出来事をみてみましょう

※参考記事 オナクラに来るお客さんって、やっぱり変態が多いですか?

お客さんからの強要を断ること

オナクラは、お客さんが色々なことを要求してもいいことになっていますが、強要されてしまう可能性が高く、色々なことを要求されてしまいます。
本来NGとされていることまで、お客さんは要求してくることがあるため、自分がそうしたことを断ることが出来るか、それが凄く重要なこととなります。
実はこの断るという行為が、一番オナクラで大変だと言われています。
お客さんは、そのプレイをしたいと思っているので、引き下がるようなことをしてくれません。
自分がいいと思っていることが、実はオナクラで仕事をしている女性には厳しいこととなってしまい、相当な不利を受けてしまうこともあるのです。

断るときは店の方針を出すこと

もし断ることに苦労しているなら、店の方針としてこのプレイはNGであることを伝えておかなければなりません。
NGとされていることを行うのは、風俗では高額な支払いをすることとなることが決まっているので、そうしたことが出来ないことを伝えておくのです。
オナクラだからこそ、出来ないことは断るという選択が出来ます。
最も大変なことは、お客さんに対してしっかり断りを入れることであり、これによってそのプレイが出来ないことを理解してもらうことが大事になります。
これが出来ていないと、相当苦労することは間違いないですし、裏で間違ったプレイをしていたことによって、店から解雇されてしまう恐れもあるのです。

駄目ならスタッフに相談しよう

対応することが自分で出来るならいいですが、それでもだめな場合は、スタッフにしっかり相談するようにして、明らかに問題が起きないようにしておきます。
オナクラで最も大変なことの対処法は、スタッフに相談して、相手の方に説明をしてもらったり、これは駄目だと伝えてもらうことです。
女性の方は、ただ見ているだけとか、場合によっては手コキのプレイをすることはありますが、殆どオナクラでは行うことがありません。
余計なことを強要されてしまい、断るのに苦労しているときは、誰かの力を借りたほうがいいのです
これなら、負担をかけずに普通のプレイが出来ます。