ソープ・ヘルス系の風俗嬢は、掛け持ちするとしたらどんな業種ですか?

ソープやヘルスの店で働いている風俗嬢も掛け持ちの仕事をしているというイメージがあります。
昼間は普通に別の仕事をやっている人もいます。
実際には、アパレル関係、教育関係、各種ショップの店員などいろいろです。
アフター5になると、夜の蝶に変身するパターンです。
夜は風俗の需要も多く、最も無理のない掛け持ちでしょう。
時間的にも夜通し働きづめることもありません。
自分の許せる時間帯に出勤すれば良いのです。
18時から21時までとかの人もいれば、21時から2時までと遅くまで頑張る人もいます。
また、土日だけの風俗嬢もいます
風俗は、週末だけの気分転換も兼ねてのサイドビジネスとしているのです。

昼職と夜職の給料の差

そこでの調子が良ければ、徐々に平日に進出していき本業化していくこともあるでしょう。
サイドビジネスが本業に変わり、そして風俗専業になるというのは一般的なコースでもあります。
なぜかといえば、その給料単価の違いからきます。
OLですと、給料は時給にして大雑把には1,500円くらいなものでしょうか。
風俗嬢ですと、ざっとその数倍もらえても割と普通でしょう。
慣れてしまううちに、お金に釣られてのめりこんでしまうのです。
だんだんと掛け持ちの疲労も忍び寄ります
こうして昼間の仕事はお金にならなくて、疲れるばかりになってしまうからです。

二つの顔

昼は別の店で風俗嬢をやってるという人もいます。
生活パターンの多様化などにより、今では昼でも風俗の需要は増えているのです。
一日中のように風俗嬢をやっていれば、かなりの収入も期待できます。
これはフィジカル面、メンタル面で疲労が蓄積しがちになります。
無理さえしなければ、かまわないでしょう。
ところが、店的に掛け持ちは嫌がります
風俗店にとって他の店というのは、ライバルのような存在なのです。
そこで働かれては、わざわざ収入源を他の店に供給しているようなものになるのです。
また、自分の店に集中して仕事をしてもらいたいということもあります。
これは普通の会社でも同じことです。
「掛け持ちOK」という広告が出ていたからといっても、それは他の業種での掛け持ちのことなのです。
これはこの業界で働くには、常識とされています。
それでも他の店と掛け持ちしたい場合もあるでしょう。
風俗店で働いていたけれど居心地が悪くなっても、辞めたらすぐに思うような条件の別の店に入れるとも限りません
こんな時、どうしても風俗嬢をしながら他の店に就職活動を仕掛けてしまうのも無理な話です。
でも黙って掛け持ちをしていると、掛け持ちが分かった時点でトラブルになりかねません。
あらかじめ、その旨を申し出ておけば、上手に取り計らってくれることもあります。
掛け持ちは、全てが駄目というものでもないのです。
掛け持ち相手の店にもよりますし、風俗嬢のレベルにもよってしまうのです。
ただ方向としては、本業は自分の店でという線は譲れないのは確かです。
あくまでも他の店は副業であり、できればそのうち辞めるという流れにしておきましょう。