マットヘルスで働くメリットとデメリットを教えて下さい

マットヘルスという風俗の形態は、デリヘルや通常の箱ヘルに比べてかなり少ないですよね。
でも、一定の需要があって結構盛り上がっている形態のお店でもあります。
そんなマットヘルスで働くメリットと、デメリット。

メリット

まずメリットとしてあげられるのが、

  • 受身になりにくい
  • 給料が高い

ということです。
マットは基本的にお客さんが受身になるものなので、お客さんに触られるということもあまりありません
たまに、体を捻らせたりして無理やり触ろうとしてくる人もいますが、マットから落ちて怪我をしかねないので、「危ないですよー」って言って注意することもできます。
お客さんに触ってもらおうと思ったら、自分の好きなタイミングで69のような体制になればいいのですし、その体制をやめるのも自分のタイミングでできる。
触られるのがどうしても苦手という場合は、無理に69の体制になる必要もなく、自由自在。
女の子側が完全に主導権を握ったプレイをすることができるんですよ。
さらに、マットは結構体力を使いますし、講習も結構大変です。
だからこそバック金額がとても高く、給料が高い
本番をしていないのに、ソープとヘルスの中間点的な給料を貰うことができて、かなり儲けることができます。
ソープのほうが金額は高く、同じマットプレイならソープのほうがいいという女の子も多いですが、ソープだと本番があったり、受身になることも多いですよね。
そういうのが嫌だという人で、高額な給料が欲しいという女の子が、マットヘルスに流れていっています。

デメリット

逆にデメリットはどうなっているのかというと、

  • 講習が大変
  • 最初は筋肉痛になる
  • 本番強要してくる客が多い
  • 店舗数が少ない

というように、メリットよりも多くなっています。
講習が大変というのは、マットプレイが特殊なプレイだからですね。
フェラや手コキなんて、口で説明すれば済むだけの話です。
でもマットプレイは違います。
普通、プライベートの生活でマットプレイをすることなんてありませんからね。
結構みっちりと講習のプログラムが組まれていて、面倒なんですよ。
そんな面倒な講習を潜り抜けたと思ったら、襲ってくる筋肉痛
最初のうちは、本当に筋肉痛に悩まされることになります。
普段使わない筋肉を使うので、大変です。
ただでさえ、筋肉痛に悩まされ、疲れているのにマットヘルスは本番強要をするお客が多い
ソープと変わらない金額で、本番無しのマットプレイをしているわけですからね。
当然お客さんは「本番できないの?」と言ってきます。
そんな本番強要をするりとかわさなくてはいけないんですよ。
でも、働き出すと慣れます
問題なのは店舗数が少ないからお店を選べないということ。
本当に店舗数が少ないんですよ。
「マットヘルス」って調べてみるとわかると思うんですが、風俗街でもマットヘルスを営業しているところはほんの一握りしかありません。
マットヘルスで働くのであれば「どこでもいい」と思っておいたほうがいいですね。
以上、メリットとデメリットについて説明しましたが、それでも受身にならずにすんで給料が高いというのは魅力的
デメリットよりもメリットのほうに心惹かれたという人は、おすすめの業態ですよ。

風俗バイトで稼ぎたい女性へ

おすすめは「スカウト型風俗求人サイト」です!
求人を探すこともできるし、待っていれば店舗からメールがきます!
簡単に高収入バイトが見つかるのは嬉しいですね!

おすすめのスカウト型求人サイトはこちらです!

Qプリ

ミミロケ

無料登録だから安心です!