風俗で働いていると、源泉徴収票ってもらえるの?

源泉
サラリーマンは、源泉徴収票をもらうものです。
これは給料から税金を天引きしているためです。
給料から税金として1年間にいくら天引きしたかその内訳を示した書類を、会社からもらうことになっているのです。
風俗嬢も風俗店に雇われた社員のようなものです。
ですから、税金も給料から天引きされて源泉徴収票ももらえるのかと思っても不自然ではありません。
大手のキャバクラやホステスなどでしたら、確かにそのような扱いをしている例もあります。
給料から税金が引かれているのであれば、源泉徴収票はもらえるはずです。
それでも、源泉徴収をし過ぎていたり源泉徴収票を渡さずに脱税している風俗店があったりもしています。
必ずもらっておいて確定申告をすれば、税金の払い過ぎは返してもらえるのです。

脱税疑惑?

実際のところは、風俗嬢で源泉徴収票をもらっている人などはあまりいないものです。
それはサラリーマンのような雇われ人ではなく、そもそも風俗嬢は基本的に個人事業主として扱われているからです。
個人事業主であれば、自分で確定申告をして税金を支払うことになります。
そんなことさえ知らない風俗嬢は、確定申告もしたことがなかったりするのです。
ということは、知らないうちに脱税をしていることになります。
もしも税務署に把握されれば、追徴課税などの処分を受け思わぬ出費を被る場合もあります。
ただし、これはあくまでも理論上の話ではあります。
風俗嬢は脱税していても、見つかりにくい存在でもあるのです。

身バレのリスクは?

このような事情はともかく、源泉徴収票をきっかけに風俗嬢であることを、誰かに知られる場合があります。
それは新たな就職先からや家族の扶養申請において、源泉徴収票が求められた時に発覚します。
源泉徴収票がもらえないからです。
そして、もしも源泉徴収票がもらえても、それは風俗店のものであるからです。
この場合、風俗店の名前でなく、会社名で出してもらえるなら、その方法で誤魔化せるかもしれません
この他にもお金を借りたい時等、源泉徴収票がもらえないと困る場合もあります。
そもそも風俗嬢になる以前に、このようなリスクがあるということを知っておきたいものです。
親の扶養扱いになっていれば、資格認定のために源泉徴収票は求められます
親も承知で風俗嬢をやっていればかまいませんが、そうでなければここでバレてしまうのです。
これを防ぐためには、あらかじめ親の扶養親族にならないことです。
風俗嬢になったからといって通常、源泉徴収票で困ることなどあり得ないでしょう。
ただ、困る事態もありえますので、その時に備えて、具体的なリスク対応はしておくべきでしょう。

気を付ける

きちんといろいろなことを把握しておいたり準備しておくと、風俗でも気軽に働きやすいでしょう。
そして支払うべき税金はしっかりと支払って、必要があれば確定申告も行うようにしてくださいね。
そうでないと後から嫌な思いをすることになりかねませんので、注意をしてください。