風俗店って何でお客さんとの連絡先交換を禁止するの?

風俗店ではお客さんと、直接連絡を取り合う事を禁止している場合が大半です。
それはいったいどうしてなのでしょうか。

まず真っ先に思いつく事

この話題になると大抵の場合はこう考える方が多いようです。
それは、風俗店を利用せずに女の子との直接取引をされてしまったら、お店が儲からなくなってしまうからという考え方です。
確かにそれも一理はあるでしょう。
しかし、それならばその女の子にお店を止めて貰う事で解決できます。
実際にある風俗店の女の子を本当に好きになった男性がいて、その女の子にお店を止めて貰い見事にゴールインしたと言う話もある位ですから。
では、なぜあんなにもしっこくお客さんとの直接連絡を禁止しているのでしょうか。

実際のお店側の考え方

それは、お店の親心というものがあります。
風俗は女の子がいて初めて成り立っています。
これは事実です。
そして、女の子を狙っている良からぬ連中がいる事も事実です。
時に新聞の片隅に性犯罪記事が載っているのを見た事はないでしょうか。
法治国家の日本であっても少なからず性犯罪の起こっているのです。
このようにもし、風俗のお店へと来たお客さんが良からぬ考えを持って女の子との直接連絡の方法を知ろうとしたらどうでしょうか。

状況によって考え方がマヒする

街中で突然、携帯の番号やメールアドレスを聞かれたら誰だって教えたりはしません。
でも、風俗店に来たお客さんから聞かれたら・・・。
もしかすると気に入ってくれて毎回指名してくれるのではないか、もしかするともっと稼げるお店を紹介してくれるのではないか。
そんな事を考えてつい気軽に教えてしまう事もありうるのではないでしょうか。
確かに本当に好意的な良い人であるかもしれません。
しかしそれは分からないものです。
もし悪意をもっていた人だったとしたら大変な事に巻き込まれてしまうかも知れません。

お店に守られていることを知りましょう

風俗店はそう言った可能性も全て考えているのです。
大切な女の子を預かっているという気持ちがあるからお店を通さない連絡を禁止しているのです。
お店を通してあるからこそ、もしもの場合には助けることが出来るのです。
時と場所が管理されていると言う事はそれだけ自分の身が安全な状態にあるという証明でもあります。
風俗店にとって女の子は何があっても守らなければなない大切な存在なのです。
逆説的に考えると風俗店の寮になってるマンション等は警備員駐在のマンションよりも安全で快適と言う人もいる位です。
お客さんとの直接連絡ははっきり言ってなにもメリットはありません。
守ってくれているお店の温かさに感謝ですね。