お客さんに嫌なことをされたらどうする?

風俗店で働いていると、お客さんの要求に応えなくてはならないケースも多分に出てきます。
そういった要求の中には、パンツを食い込まされた、ということもあるわけですが、
そのような状況下になったときの対処法はどのようにするといいのでしょう。

終わるまで我慢

風俗嬢として働いている以上、お客さんの要求に応えるのは当然のことだ!ということで、終わるまでひたすら我慢という女の子もいると思います。
実際のところ、パンツを食い込まされるということで
喜んでいる女の子はほとんどいないと思われますし、
そもそも男性客がAVの観すぎということも考えられます。
とにかく我慢するというのは、よほどの上客でもない限りは難しいかもしれませんね。

素直にやめて欲しいと言う

これが最も妥当なところではないかと思われます。
風俗嬢はお客さんに対してサービスをするわけですが、
何も嫌なことまで無理にやることはありません
風俗を使うときには女の子も男性客も楽しく利用するというのが基本です。
まず男性客に対しては、パンツを食い込まされたというのは、
女の子はあまり好きでないことを頭において欲しいところですね。
それから、女の子の方はというと、無理なプレイに対しては素直に無理と答えるべきですね。

お店が大事にしてくれるかは大事

それから、お店としても女の子を大事にしてくれるかどうかはとても大事です
一度店長さんに、嫌なことをされたら断ってもいいかを聞いてみるといいでしょう。
もしもそこで、OKが出たのならば働く価値はあると思います。
程度によらず、とにかく嫌と感じたらそこでプレイ終了でもいいくらいのことを言ってくれるようであれば嬉しいものですね。
女の子をとても大事に扱ってくれる店長さんではないかと思われます。
こうした人のところであれば、気持ちよく働くことができるでしょうし、頑張って指名を取って売り上げに貢献しようという気持ちになると思います。

嫌なことは嫌という気持ちを持つことが大切です。

嫌なことにずっと耐えることも時には必要ですが、
ずっとそれが続くと精神的に参ってしまいます
そうならないようにするためにも、断ることは大事なのです。
もしもそれでお客さんが逃げてしまったとしても、クレームになったとしても、
嫌なお客さんを相手にするよりもちゃんとマナーを守って利用してくれる人を相手にした方が絶対にいいです。
風俗店で働くのならば、こうしたこともあると知っておくといいでしょう。