口内炎になってしまったら、性病移りやすいの?

口の中に出来る口内炎。寒い季節は特に要注意です。
抵抗力の低下や体力低下が原因で発生し、口の中にできものを作ります。
オーラルセックスをしている時に、口内炎が痛むことも。
果たして、性病は移りやすくなるのでしょうか?

口内炎のまま仕事ができるのか

結論から言えば、仕事はできます。
そもそも、問題となるのは口内炎が仕事に支障をきたす条件です。
口内の痛みや苦痛による何らかのトラブルも考えられますが、お仕事前に口内炎の治療を行っておけば、そのリスクも軽減できます。
ソープなど、肉体的にハードな仕事なら、一旦、休んだほうがいいでしょう。
お客さんもベストコンディションの方にサービスしてもらいたいと考えるでしょう。
その代わり、オナクラなどの肉体的接触が少ない仕事なら、難なくこなせるでしょう。

サービス内容の理解

どんな風俗業においても、基本的な精神を遵守することが求められます。
くれぐれも、精神面での清らかさを忘れないよう心がけましょう
複数のお仕事を同時にこなすことはできませんし、サービスの質も重要です。
目の前の相手に対し、礼節を持って接待しましょう。
口内炎になってしまう理由は、仕事のストレスかもしれません
言い換えれば、仕事のストレスさえ回避できれば、それだけで十分対策になります
お仕事がきついと感じたら、無理せずに早退しましょう。
ちなみに、サービス時間の短縮も可能です。
体調が気になるなら、すぐに行動しましょう。
お客様に迷惑を掛けない事が何よりも大切です。

性病は予測が大切

どんな病気にも必ずシグナルがあります。
そのシグナルから次の展開を予測することで、疾病を予防できます。
体の不調は心の不調です。体力維持を最優先にしましょう
口内炎を患っているなら、フェラチオはやめておいた方が良いです。
口内の炎症が広がるおそれがある上、二次感染の危険もあるからです。
口の中は本当にデリケートです。
冷静に考えて頂ければ、物を食べる場所でサービスを行うことの意味をご理解頂けるでしょう。
この機会に、働くお店を考え直すことや、シフトを組み替えるなどの対処法をご検討下さい。
あなたの体質は、あなたにしか分かりません。
状況をよく見て判断する習慣をつけましょう。
絶対に無理をしてはいけません。
口内炎は簡単に予防できます。
うがいや手洗いを毎日行い、清潔な生活を維持しましょう。
性病は抵抗力の低下によっても発生しやすいです。
抵抗力が下がって来たと感じたら、すぐに休息を取りましょう。