スパンキング中本気で痛い時は言ってもいいの?

SMで一番多いとされているのが、スパンキングと呼ばれる行為になります。
これについては、痛めつけるような行為を続けることになり、叩きつけるような痛みを受けることになります。
Mの女性については、これで快楽を得られているとされますが、スパンキングで本当に痛いと思っているときは、どのような対処法をすればいいのか考えておかなければなりません。

本当に痛いなら抑えてもらおう

男性の方は、加減を知らない人が行っている可能性もあるので、自分が思っていた以上に痛みを感じてしまうことがあります。
もし痛いと思っているなら、そのことをしっかり伝えるようにして、抑えてもらうことも大事になってきます。
そのまま放置していると、痛い状態で続けることになってしまい、結構辛い思いをすることになります。
男性の方も、加減を知らないことで、そのまま続けていればいいんだなと思ってしまうことがあります。
そのようなことが起こらないように、とりあえず話をしておいて、加減について理解してもらうことも大事です
自分の身に何かあってからでは遅いので、痛いと思っているときには、そのことを話して少し抑え目にしてもらうといいです。

話をしても無理な場合も

男性によっては、話をしても加減をすることなく、そのまま叩かれることもあります。
スパンキングというのは、結構激しく行うことが基本とされているので、そのまま行為を続けられてしまうことも珍しくはありません。
話をしても、大して聞いてくれない人もいますので、抑えてくれない可能性も十分にあります。
この場合は耐え続けるしかありませんが、あまりにも痛いようなら、プレイ中だろうがしっかりと相手に話をして、力加減を控えめにしてもらうか、スパンキング中に体制を崩すなどして、痛いことがわかるようにしてみるといった対策を行ってください。
色々な対策を行っていれば、男性側もわかってくれることがあって、押さえ目にしてくれることもあります。

慣れれば痛みは消えてくる

話をすることが難しいような感じであれば、そのまま耐え続けるしかありません
スパンキングに慣れてくると、痛みについても結構耐えられるようになりますから、徐々にですがそれによって快感を得られることもあります。
色々な行為をされるのがSMクラブという部分になりますが、そうしたことを続けていると、徐々に慣れてきて痛みを感じなくなるなど、色々なことが起きます。
最初のうちは、スパンキングというものに慣れなくても、徐々に痛みに慣れてくるので、我慢する方法もあります