エステ業界にも、色管理って存在するんですね。

あまり聞きなれない色管理という言葉は、色恋を出すようにして、その風俗嬢に仕事をさせ続けるという意味を持っているものです。
エステ業界については、そのようなことが起こらないと言われていますが、実際には結構起こりやすいことでもありますので、そうしたことがあるんだなと思って行動をすること大事になります。

エステでもそうしたことはあり得る

風俗やキャバクラという分野では、そうしたことが起こりやすいとされていますが、エステ業界でもそうしたことはあります。
メンズエステの場合、好きだと思っている女性に仕事をしてもらいたいと思い、指名を沢山させるようにしたり、自分の言いなりになってもらうように、色々なプレゼントを渡してくれたりします
好きだと思っている人は、なるべく残って欲しいと思っていることが多いので、そのために必要なことは何でもするというのが男性側のスタイルでもあります。
女性の方は、そうしたことがあり得ることも十分に理解すると同時に、そのような場面に遭遇したときは、自分がどう行動すればいいのかを理解してください。

スタッフとして採用する例まで

メンズエステの場合でも、仕事の管理をしているのは男性のスタッフが大半です。
男性と女性が、そうした店で恋愛をしてはいけないとは一応言われますが、それを守らないで恋愛をさせようとするため、こうした方法を採用しているところもあります。
この場合は、基本的にはメンズエステ側の方針に従うような感じであり、自分が利用されないように気をつけることが大事です。
スタッフとして採用している場合は、当然のようにその人を好きになってしまい、その人がいなくならないように、自分が仕事を継続することになります
そのようなことが実際に起こっているからこそ、色管理というのはしなければならないのです。
自分がその立場になったとき、駄目なことを駄目だと判断できるかが大事です。

断る勇気も必要に

そうした状態になってしまったとき、どこかで関係を絶つようなことをしなければ、延々と仕事を続けることになってしまいます。
それは、あまりいいことではありませんし、うまく仕事を続けることが出来ないなどの問題もあり得ますので、断る勇気も必要なことです。
なるべくそうした気持ちを持って仕事をすることが大事なことであり、少しでも男性に色気を出さないようにしてください。
プライベートと仕事を分けることは、どのような分野でも大事なことです。