おさわりNGなのに・・・セクハラ親父のかわし方inメンズエステ

メンズエステは、おさわりNGとされていることが多いです。
女性が男性を奉仕するために行っている風俗店となっていますから、基本的に男性が変なところを触ってはいけないとされています。
しかし、メンズエステの中には、男性側が触ったとしても、何も言わないようにしているところもあり、触られることはありえると思ってください。

触ったら人を呼ぶことを伝えよう

店でプレイをしている場合は、人を呼ぶことを暗に見せることによって、もう触れないようにする方法があります。
そうした人とは、プレイをすること自体が出来ないと思っているなら、早々に人を呼んでしまい、触られたという話をすればいいのです
そうしたことを伝えて、相手の方にわかってもらうことも大事になります。
触ったというのは、ちょっとだけ触れてしまったというのは入らないので、基本的にはがっつり触ってくる人だけを対象とします。
1回目は警告という形にして、2回目からそうしたことを行っているなら、容赦なく連絡を取ってしまえばいいのです。
どのようなことになっても、自分が駄目だと思っていることは認めてはいけないことです。

2回目以降はやらないということを伝える

派遣型でも行える方法としては、1回目の指名だけは触ってもいいけど、2回目以降は指名が得られないことを伝えてしまえばいいです。
メンズエステについては、ブラックリストと呼ばれるものを作成することが出来て、これによって指名をされないようにする方法が用意されています。
使うかどうかは、そのときの判断によって決められます。
勿論、指名されたくないと思っている人がいるなら、その人は制限しておいたほうがいいです。
制限しておかないと、何度も指名を受けることとなってしまい、自分にとってメリットが得られなくなってしまうのです。
問題が起きる前に、指名をされないように制限することも大事なことで、うまく行けばお触りがなくなります。

仕返しをする方法も

もう触られたくないと思っているなら、仕返しをする方法も用意されています。
仕返しをすることによって、これ以上余計なことをしないようにしたり、指名を得られなくなるような雰囲気を作ってしまえば、問題が起きることはなくなります。
メンズエステについては、男性の体をつねったりする行為は難しいですが、痛いマッサージをすることは簡単に出来ます。
それによって、問題だとわからせることも大事なことですので、この方法は有効ですし、使いやすいものです。