よくLINE教えてって言われるけど、交換してもいいの?

オナクラで仕事をしていると、よくLINEのIDを教えて欲しいという話が来るようになります。
これは、他の風俗でもありがちなことですが、教えていいかどうかは、その人の判断によります。
店側は規制していることはありませんが、教えたことで悪いことに巻き込まれるなど、困ってしまうことが多くなる恐れはあります。

教えることでその人に付きまとわれる可能性も

LINEのIDを教えことによって、その人に付きまとわれる可能性もありますので、基本的に風俗の女性というのは、教えないほうがいいとされています。
もし教えてしまった場合は、その人が伝えてくる内容などを含めて、しっかりと対応していかなければなりません。
馴れ馴れしく何でも送ってくるようなら、途中でブロックをすることになります。
あまり教えないほうがいいですし、風俗とプライベートは、分けるようにして考えることが基本となっています。
どうしても教えて欲しいと言われても、自分プライベートに影響が出てしまう可能性もありますから、あまり教えないほうがいいです。

教えてもいい人にだけ伝える

あまり連絡を送らないとか、絶対に教えても変なことはしないなど、確約してくれる人だけ伝えてもいいです。
プライベートで関係を持つのではなく、出勤日などを伝えて、もし来られるようなら来てくださいという話をすることで、さらに自分の給料をアップさせる方法を採用します。
そうした話であれば問題はありませんので、これなら交換しても問題は起こりません
駄目な場合としては、教えたことによってプライベートの関係をもたれてしまうことです。
これはあまりにも良くないことですから、やりすぎて苦労することも増えてしまいます。
そのようなことが起こらないように、自分でも調整をするようにして、なるべく伝えないようにしつつ、確約を取ることが大事です。

方針を店にも聞いておこう

オナクラによっては、店側でNGとしていることもあり、関係をもたないように言われてしまうこともあります。
それに違反することは、店側の規約に違反していることになりますので、後から怒られたり、店を辞めるように言われてしまうこともあります。
出来る限りそうした話が出たときは、店側に相談をしてから考えますと言うようにして、仮に良かったとしても自分なりに考えることです。
店としてNGにしている場合は、自分がそうしたことを伝えてはいけないことですから、絶対に教えないようにして、対策を行ってください。