デリヘルで、流行の病気(インフルエンザ等)って気を付けた方がいい?

多くの人と出会うことになるデリヘル嬢は、色々な病気が移ってしまうこともあります
特に気をつけなければならないのが、季節で起こりやすいものであり、それに観戦するとかなり厳しい状態になってしまいます。
収入にも繋がってしまうことですから、なるべくそうしたことが起こらないように、気をつけたほうがいいです。

治ったばかりの人が指名していることも

インフルエンザなど、本来であれば感染することが滅多に無いようなものでも、治ったばかりの人と接触することは可能性が高くなってしまいます。
そのようなことが起こらないように、なるべくマスクなどを着用して、プレイが終わったらどこかでうがいや手洗いをして、ばい菌を排除するようにしてください。
インフルエンザは、色々な方法を採用することで、起こらないように出来る可能性があります。
治ったばかりの人が指名している可能性は十分にありますので、もしそのような人だと思ったり、風邪を引いている症状が出ている人と行う場合は、終わった後でうがいや手洗いをしっかり行って、管理をしてください

症状が出ている人とは行わない

症状が出ている人については、そもそも指名をすることができない状態となっていますから、明らかにインフルエンザなどが起きていると判断できる人とは繋がることもありません。
そうした人は、そもそも休むことを考えているので、デリヘルに連絡を入れてくることなんて滅多に無いからです。
もしそうした人から連絡が掛かっても、スタッフがおかしいと判断して、もう1回考え直してくださいなどの話をする場合があります。
自分が実際に行ってから、そうした問題が起きているなんて知らなかったと思うことがあるかもしれませんが、色々なところでその傾向は出てくるので引っかかることはあまり無いです。

危ないと思ったら連絡を

もし、インフルエンザなどの症状が生まれているような場合は、そのことを店側に連絡して、こうした人ともプレイすべきなのか話してください
さすがに病気を持っている人とプレイをすることは困難ですから、その場合は相手を説得して、速やかにそうしたことを避けさせるのです。
自分が連絡を入れることによって、スタッフの方がわかってくれることもありますから、これによってしっかりと管理をすることが出来て、相手に対しても失礼なことなく終了することができます。
こうした状況に遭遇したときは、迷わずスタッフの方に相談してください。