デリヘル店の面接で気を付けた方がいい、3つのルール!

仕事をするときは、その店と面接をするのは当たり前となります。
デリヘルだって同じことであり、必ず面接を受けることで、判断をされることとなります。
この時に気をつけないと駄目な部分が幾つか用意されており、これを守らないことには、入店することが出来ない可能性もあります。

服装に気をつけたほうがいい

デリヘルというのは、風俗の仕事をしてもらう場所となりますので、オーナーが納得してくれるような状態にならないと、入店することは認められません。
地味な服装をすることはあまり好ましく思われない場合があり、派手な格好、派手な化粧が好まれる業界でもあります。
派手な方が、店に入れてもいいかなと思ってもらえる可能性が高くなります。
ある程度中の人を納得させないと、外のお客さんを納得させることは出来ないので、そのために必要な格好をしていくことが大事です。
結構露出度の高い格好をしておき、その上でちらリズムなども取り入れていくと、面接に通過しやすくなります。
地味な状態で行ってしまうと、店側が駄目だと思ってしまうことも多く、採用されません。

あまりNGを出さないこと

面接では、こうしたプレイがうちにはあるけど、実際にできるのかという話をされることがあります。
これが出来ない、あれが出来ないというのは、採用しても指名を得ることが出来なかったり、採用したところで稼げない人じゃないかと思われてしまうので、NGについてはあまり多く出さないようにしてください。
NGを出している状態が多くなると、男性側のメリットも多くなりませんし、やはり指名を多く得たいと思っている店側からすると、これは駄目な話になります。
どうしても駄目だと思っていることはNGとしておき、それ以外のことは、とりあえずやってからNGを出してみるなど、面接では要求を受け入れることが大事です。

すぐ入れるかという質問にOKを

面接のルールというわけでもありませんが、すぐに入店することはできるのか、という話が出てくることもあります。
もし、そのような話が出ているようなら「すぐに入れます」という話をしておかないと、実は採用されないことがあります。
時間がかかってしまったり、すぐに仕事をしてくれない人を、使いたいとは思っていないのです。
体験入店でもいいから、すぐに仕事をしてくれる人は貴重な存在であり、指名を獲得できるチャンスでもあります。
風俗というのは、すぐにでも入店して欲しい場面がありますので、そのタイミングで入店することが大事なことなのです。

風俗バイトで稼ぎたい女性へ

おすすめは「スカウト型風俗求人サイト」です!
求人を探すこともできるし、待っていれば店舗からメールがきます!
簡単に高収入バイトが見つかるのは嬉しいですね!

おすすめのスカウト型求人サイトはこちらです!

Qプリ

ミミロケ

無料登録だから安心です!