温泉しか心当たりがない。性病って絡みなくても移りますか?

普通に温泉に入り、楽しんで帰ってきただけなのに性感染症の疑いがあるということのようですが、
たしかに数ある性感染症の中には絡み、つまりはセックスがなくても感染してしまうものがありますので覚えておきたいものです。

温泉の場合にはタオルが重要

性感染症に関して様々な情報があり、その中には誤解を招くような言説もあるのですが、
基本的にお湯を介して性感染症が感染してしまう可能性は低いと言われています。
しかし、温泉では絶対に感染しないかと言えば、そうとも言い切れません。
どういうことかと言えば、温泉において使用する様々なアイテムを介して感染してしまう可能性があるからです。
たとえば温泉に入ればタオルは使いますが、これを誰かと共有していたような場合、
そのタオルを介してクラミジアなどに感染してしまう可能性が出てくるわけです。
仲の良い友人や家族などであってもタオルの共有は避けておくのが無難です。
恋人同士などであってもこれは避けておきたいポイントです。

タオル以外のアイテム

タオルが感染原因かもしれないなどと言ってしまうと、
一緒に温泉へ行った誰かに疑いの目を向けてしまうかもしれませんが、じつを言えばタオルだけが原因ではないのです。
ほかにどのようなアイテムが感染原因として考えられるかと言えば、洗い場で使用する椅子などが原因になっているケースもあるのです。
しっかりと洗わないままに前の人が使った状態のままで使用してしまうと、そこで感染してしまう可能性が出てくるわけです。
そのため、温泉施設などにある椅子を使用する場合には、しっかりと熱いお湯で流したりしましょう。
使用しないという手もありますが、床などにそのまま座り込む場合には自分の性器を床に密着させないようにすることも大切です。

基本的には安心

温泉にはたくさんの感染源があるようなイメージを抱いてしまうかもしれませんが、
実際には感染ルートとしてはマイナーな存在ともいえますので、そこまで悪いイメージを持つことはありません。
基本的には性交渉による感染が多いのが性感染症の特徴ともいえますので、こちらでの感染に気を付けておくことが一番大切です。
また、初期の症状がない性感染症もあるため、症状が出たからと言って最近感染したとは言い切れない可能性もあるのです。
温泉などではタオルなどを介して感染してしまう可能性もありますが、
このような感染ルートはあくまでも可能性の話であって、そこまで頻繁にあるものでもありません。
そのため、基本的には温泉は安心できる場所と考えておきましょう。