デリヘルバイトを休む時の理由って気を使ってますか?

突然休むことになった場合は、休む理由について考えておかなければなりませんし、どうにかして納得してもらうことも大事です。
デリヘルの場合でも、しっかりした内容で伝えることが大切で、何らかの理由で休むことになってしまったことを、色々な人に知ってもらうことも大事になってきます。

女の子休暇としておけばいい

風邪や単なる都合の悪い状態となってしまい、どうしても伝えにくいことが出てしまった場合、店側には都合がつかないことを話しつつ、女の子休暇にしてくださいという話を伝えておくといいです。
これは、生理によって体調不良がおきてしまい、自分が仕事をすることが困難になっていることを伝えておけば、休むことができるという話です。
この方法によって、生理があるから難しいのかなと思ってもらうことが出来るので、店側も仕方ないと判断してくれます
単なる風邪という話になれば、それでも出てくださいといわれてしまうこともありますが、さすがに生理で体調不良になっていると、妊娠の可能性もあるので、避けさせるようにしています。

適当な理由では納得されない

どうして女の子休暇という方法を採用するのかは、適当な理由では納得されないためで、店側も勝手に休まれるのは凄く困ることです。
適当な理由を付けられてしまい、これで休みますといわれても、それは凄く困ることです。
なるべくそうしたことが無いように、調整をしてからシフトを入れているのですから、納得する理由が必要です。
適当に風邪で休みますという話を入れる場合、そのときだけはいいかもしれませんが、店側は納得していません
その代わりを入れるように言われてしまったり、色々と指名ランキングに影響が出てしまい、単価を下げられるなどの問題もあります。
そのようなことがあるので、理由はしっかり考えてください

季節によっては問題が無いことも

時期によっては、風邪だけでも休むことができるケースもあります。
冬場になると、インフルエンザなどの症状が出てしまうことがあり、集団感染の可能性もあります。
風俗嬢が全て、インフルエンザで休んでしまうと、店側としても大迷惑です。
そのような状態は困るので、風邪の場合でも冬だけは認められることがあります。
むしろ、出てこないほうがいいと言われて、休むように言われてしまうこともあります。
それくらい気を使われているというより、他の人に迷惑をかけさせることがかなり駄目なことなので、それが起こらないようにしているのです。