在籍してた風俗店を辞めたのにネット写真を消してもらえない時はどうしたらいいですか?

ネット写真を消してもらえない時は、とりあえず相談しましょう。
風俗で働く女性のための相談窓口や、法テラスなどが良いでしょう。
お店も経営が大事ですので、弁護士に来てもらえば、大抵なんとかなります。

ネット写真の問題点

お店によっては、入店時に写真撮影をしてホームページに掲載しています。
この方法のメリットは、お客さんからの指名が得やすくなる事であり、お店のアピールにつながりやすくなる事です。
一見何も問題なさそうに思えますが、辞めた後がポイントとなります。
なんと、写真を引き続き掲載することで、在籍人数の水増しを図っているのです。
もちろん、写真の位置を下に移動するなどの処置はされます。
でも、移籍先の店から指摘されると、困っちゃいますよね
この世界ではよくあるトラブル例です。
そもそも、風俗は騙し合いの世界ですので、ある意味黙認されているんですよ。
でも、問い合わせには誠実に対応してもらえますし、きちんと申告すればすぐに削除してもらえます。
店長がよっぽどのへそ曲がりじゃない限り、弁護士を介さずとも大丈夫です。

法律は味方

いい法律など存在しません。
あくまで武器の一つだと思うべきです。
写真に限らず、風俗で働いていると、思わぬトラブルに遭遇するでしょう。
一人で悩みを抱えていても、何も変わりませんし、意味もありません。
法律は最後の手段ではありません。むしろ積極的に使って行きましょう。
でも、直接使うのは困難ですので、弁護士に相談しましょう。
お巡りさんは専門外ですので、気を付けましょう
風俗嬢は、風営法の影響を受けます。地域の条例に付いても下調べをすべきでしょう。
法律を知る事が、あなたの身を守ることにつながります

風俗を続ける覚悟

何があっても嬢の責任、それが風俗です。
多少のことは我慢した方がいいですし、他にも色々道はあります。
結構色々な方法がありますので、騙されないようにしましょう。
あなたの視野を広げれば、チャンスもその分広がります
つまり、あなたの好きにして構わないということです。
トラブルがあったら、誰かに相談すれば良いですし、それでも構わないなら、放っておきましょう。
あなたの考えを大切にしながら、次に進みましょう。
写真の場合、肖像権などの問題が発生します。
でも、大体がそのままです。
無理にごねても面倒なことになるだけ」とは思わずに専門家に相談しましょう。
即日での解決は難しいので、証拠を揃えることが肝心です。