マイナンバー対策済みって書いてあるお店の方法って何?

マイナンバーは個人間のお金の流れを行政が把握する為にとても効果があります。
実はマイナンバーがなくても行政期間が必要と認めてその気になればこれまででも十分につきとめる事は可能だったのです。
しかし、それに関わる人員やコストの問題から特に悪質と思われるものでないかぎりは手を付けなかったと言うだけです。
それが、マイナンバーを使う事で人間の手作業ではなくコンピューターが瞬時にしてそれを見つけ出してくれるというただそれだけのことしか変わりません。
つまり、正しい税務申告をしているのであれば特に問題は無いと言えるでしょう。
では、風俗店におけるマイナンバー対策済というのはどのような事を指しているのでしょうか。
これは、二つのタイプがあると思われます。

しっかり申告

一つはごく普通に仕事をした場合と同じように正しい申告をそのままして行くというものです。
女性キャストの手間を省くために確定申告の書類も作ってくれるなどという場合も考えられます。
本業としてこれまでも確定申告をしてきたという方であればこれは楽になるし正確だと言う事で歓迎する方もいるでしょう。

申告をしない

さて、もう一つはお金の流れを変えてしまうと言う方法です。
このやり方は現在のソープランドなどで行っている方法に近くなります。
お客さんはお店に対しての入店料や派遣料金だけを支払うのです。
そして、風俗のサービスを受ける段階になって初めて女性キャストにサービス料を払うという方法が考えられます。
こうする事で何が変わるのでしょうか。

流れがわからない

この方式を取り入れると女性キャストがお金を貰うのは、お客さんからです。
お客さんは支払調書を発行して税務署へ届ける事が本来なら必要ですがそんな事をする人は先ずいないでしょう。
つまり、女性キャストへお金が支払われたという事実を証明するものが何も無いのです。
すると、いくらマンナンバーであってもその事実がないものとして取り扱う以外には無いという結論へと至るのです。
この場合、お店も全く損害はありません。
言うなれば女性キャストは個人事業主だから会いたいといっていたお客さんを紹介してあげただけでその先の事は知らないという理屈が成り立つという考えです。
確かにこの場合は女性キャストが確定申告をするのかしないのか、正しくするのか誤魔化すのかも全く無関係になります。
一見すると完ぺきに理屈で守られているように見えますが行政もその程度の事は予測しているでしょう。
後で大ごとになるよりも最初からそのお店がどのような対策を行っているのかを聞いてみると良いでしょう。

風俗バイトで稼ぎたい女性へ

おすすめは「スカウト型風俗求人サイト」です!
求人を探すこともできるし、待っていれば店舗からメールがきます!
簡単に高収入バイトが見つかるのは嬉しいですね!

おすすめのスカウト型求人サイトはこちらです!

Qプリ

ミミロケ

無料登録だから安心です!