干される風俗嬢の特徴はなんですか?

風俗店にとって、風俗嬢は貴重な資金源です。
普通にやっていれば、大切に扱われるのが当たり前のことです。
その風俗嬢を干すというのは、よほどの事情があるはずです。
雇っていながらお金を稼がせないというのです。
完全歩合制であれば話も違いますが、そうでなければ店にとっては損失にしかなりません。

女の子が大切な理由

もしも完全歩合制であっても、お客を付けなければ風俗嬢に収入は発生しないのですから、そのうち辞められるだけです。
風俗店にとって風俗嬢はある程度余裕を持って確保していなければ、経営に支障が出るものです。
いつ人気の風俗嬢が辞めるとも限りません。
人気の風俗嬢というのは、概ねそこそこ稼いだらさっさと辞めてしまうのは日常のことなのです。
風俗嬢は出勤も不規則なものです。
経営者の足元でも見透かしているような、上から目線の風俗嬢も多いものです。
それほど人気がなくても、とりあえずは店で働かせてそこそこの収入を与えてやるのが普通です。
風俗店で風俗嬢がいなければ話になりません。
いないよりはいる方が良いのに決まっています

なのに、なぜ干される?

それでも干すのは、その風俗嬢の振る舞いで店が損失を受けているからです。
解雇できるほどでない場合、そうして自然と辞めてもらうのが一番なのです。
客からのクレームが多かったり、あらぬ書き込みをネット上にされたりしている場合がそれに当たります。
結果として、店の収入が減ると判断されているのです。
またお客には評判が良くても、店にとって厄介な風俗嬢も辞めてもらいたいものです。
あまりに勝手気ままな態度で仕事をされては、目先の収入はあっても長期的には損失と判断されるのです。
代表的なものに出勤のドタキャンがあります。
急に体調が・・」というのもほどほどでなければ、厄介者扱いにされます。

嬢が悪いわけでもない時もある

風俗嬢には何の落ち度もなくとも、普通のサラリーマンと一緒で雇っている側の好みで待遇を変えている場合もあります。
店員も人の子ですから、気に入った女の子にお客を付けがちだったりすることもあるのです。
何か店員の気に障ることをしたとかもその原因になります。
風俗店の店員などは、決して人格者と言える人は多くはありません。
ご機嫌を損ねないような振る舞いも干されないためには、必要なのです。
もしも身に覚えのない理由で干されたらそういうことです。
一度干されたら、頑張っても改善は期待薄です。
他に良い店の求人はたくさんありますので、さっさと他の店に行って見返してやりましょう。