金津園には、元吉原のソープ嬢が流れて行くことが多いらしい

金津園は岐阜県にあるソープ街です。
ここでは昔から風俗産業が盛んでした。
東京の吉原や神戸の福原、滋賀の雄琴などとならんで、日本有数の風俗街でもあります。
そして、この風俗街ではずっとその街で風俗嬢をし続ける方がいる反面、
定期的もしくは不定期的にその場所を変えて風俗嬢を続けていく方もおられます。
どちらが良いとかそういった問題で話しているのではありません。

本当に場所を変えたくなるの?

ただ、なぜか場所を変えたくなる時があるのは事実のようです。
こういった現象からなぜか、吉原にいたソープ嬢が金津園に行く事が多いと言われる事もよくあるようです。
しかし、これはただそう感じただけの事ではないでしょう。
確かにかつてなら交通が発達していなかった事でどうしてもなかなか遠くにはいくのが大変だったと言う事も考えられますが、
現在では簡単に海外へのいけるのですから、そう言ったものが理由になるとは思えないものです。
しかし、それでもそのような事が言われるのは果たしてなぜなのでしょうか。

何か理由があるの?

まず、考えられるのは文化圏の違いです。
大まかに関東と関西に分けた場合でも、まったくその趣向の違いがある事は良く知られていると思います。
それが日常生活の間でおこりうる範囲の事であればそんなに大きく考える事はないのでしょうが、
そうではない場合もあるのでしょう。
例えば、言葉の問題です。
方言というものは味があってよいものですが、その中に含まれている微妙なニュアンスを感じ取る事はなかなか難しいものです。
そして、あくまでも風俗という接客業である事がその中でも大きな意味合いを示してしまう事も珍しくはないでしょう。
そうした事が一つの要因とも言えなくもありません。

何で岐阜県なの?

例えの話ですが、東京から神戸へとソープを移るとしてもいきなりではちょっと不安があると感じる場合もあるでしょう。
そう言った場合に中間地点にあたる所を一時期経由して行こうと考える事だって珍しくはありません。
それは、長距離旅行の際に途中下車して宿泊をするようなものとして考えると理解しやすいようにも感じます。
このように特に必要がある場所としての金津園ではなく、通過地点のとしての意味が強かったのではないでしょうか。
そうして考えてみると、きっと逆の場合においても同じような現象があったのではないかと思うのです。
そして、日本の各地においてもきっと同じような事が見受けられたのではないでしょうか。
そう考えると、風情すらも感じると思いませんか。

風俗バイトで稼ぎたい女性へ

おすすめは「スカウト型風俗求人サイト」です!
求人を探すこともできるし、待っていれば店舗からメールがきます!
簡単に高収入バイトが見つかるのは嬉しいですね!

おすすめのスカウト型求人サイトはこちらです!

Qプリ

ミミロケ

無料登録だから安心です!